芸能

映画キスシーンで話題の山崎賢人と菅田将暉 家族ぐるみの親友

キスシーンが話題の山崎賢人

 現在公開中の映画で、話題になっているキスシーンがふたつある。ひとつは『ヒロイン失格』。ヒロイン・はとりが、幼なじみの利太と、学校一のモテ男というふたりのイケメンの間で揺れ動くラブストーリー。劇中、利太を演じる山崎賢人(21才)は、キスを奪われたり、奪ったり、時に優しく、時にセクシーにキスを使い分けるのだが、真っ暗な映画館では黄色い声がこだますることもあるという。

 そしてもうひとつは『ピース オブ ケイク』。恋愛下手なヒロインとレンタルビデオショップの店長の「大嫌いだけど、大好き」な恋愛事情が描かれる。

 でも、話題のキスシーンは、このふたりのものではない。居酒屋で酔っ払ったヒロインが、イケメン同僚と、トイレの前で「気持ちいい」からといたしてしまう“ベロチュー”だ。舌を絡ませているせいか、濃厚キスのあと、唾液が糸を引くほどなのだ。

 この同僚を演じているのが菅田将暉(22才)。そして山崎と菅田は家族ぐるみの大親友としても知られている。

 出会いは2011年のドラマ『ランナウェイ』(TBS系)。その後『麒麟の翼』『35歳の高校生』など共演作が続き、今に至る。

「互いに人気俳優となりましたが、忙しい合間にお泊まりしあったり、ブログにツーショットをのせたり、とにかく仲良し」(芸能関係者)

 そんなふたりだが、いろんなところでライバルとしてしのぎを削っている。たとえば、朝ドラ。ともにNHKの連続テレビ小説に出演経験済み。山崎はつい先日最終回を迎えた『まれ』でヒロインの相手役を好演し、平均視聴率は19.4%を記録した。一方の菅田は、『ごちそうさん』で杏(29才)演じるヒロインの息子役で登場。こちらの平均視聴率は22.4%だった。

 また山崎も菅田も高いファッションセンスがオシャレ業界でも話題。ふたりとも古着を取り入れたスタイルが得意だそうだが…。

「菅田さんのほうが一歩上という感じですね。山崎さんは菅田さんの自宅に泊まりに行くと、自分の服を置いて、菅田さんのクローゼットからお気に入りの服を選んで着て帰るほどですから」(ファッション誌関係者)

※女性セブン2015年10月22・29日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン