• TOP
  • 国内
  • 殺害予告は全く怖くないと高須院長「本当に怖いのは暗殺」

国内

2015.10.17 07:00  NEWSポストセブン

殺害予告は全く怖くないと高須院長「本当に怖いのは暗殺」

ネットの殺害予告はよくくると語る高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、ネット上で頻繁に繰り返される「殺害予告」についてお話をうかがいました。

 * * *
──最近は殺害予告が事件化することも増えています。たとえば、ネット上でアグネス・チャンに対して殺害予告をした中学3年生の自宅が捜索されたり、これは文書での殺害予告でしたが、SEALDsの奥田愛基さんとその家族に対する殺害予告が明治大学に届くということもありました。

高須:僕のところにも殺害予告みたいなものはよくくるよ。ツイッターでも脅迫めいたリプライがよく飛んでくるからね。それで、僕のフォロワーなんかが「それは高須院長に対する脅迫ですか?」って援護射撃をしてくれるんだけど、そうすると脅迫していた奴らはすぐにブロックして逃げちゃうんだよねえ。

──高須院長は、殺害予告や脅迫ツイートがきて、恐怖を感じることはありますか?

高須:いや、全然怖くない。だって、本当に殺されるときは黙って暗殺されるんだから。予告されるってことは、むしろ安全。99%大丈夫ってことだよね。こんなことを言ったら不謹慎かもしれないけど、殺害予告されるのを楽しんじゃうところもあるね。

──では、もしも具体的な場所や時間が指定されたうえで、殺害予告されたら通報するべきだと思いますか?

高須:うーん、僕は通報しないな。何となく甘く見てるよ(笑い)。でも、僕が通報しなくても、フォロワーの誰かが通報することはあるだろうけどね。

──ネット上での殺害予告なんかは、未成年者が多いのですが、どうしてだと思いますか?

高須:まあ、子供は普段から特に何も考えないで、「死ね」だの「殺す」だの言ってるからね。特に最近の子供は死に対してリアリティーもあんまり感じてないんだろうし、殺すということに対する罪悪感もそこまで感じてないんだと思う。やっぱり、実際に「死」が目の前に近づき始めている、爺さん婆さんのほうがそういう言葉には敏感だよね。

──それにしても、院長は本当にツイッターでのやり取りが盛んですよね。異論反論が飛んできても、ほとんどに返信しているじゃないですか。

高須:もう「ツイ廃老人」って呼ばれてるから(笑い)。“捨て垢”(註:ツイッターで個人が余分に作った隠れアカウントのこと)からの暴言にも返しちゃう(笑い)。でも、そういう奴はやっぱりアカウントを消して逃げちゃうんだけど、本当に困るんだよ。こっちは引用ツイートで反論してるのに、その元ツイートが消えちゃうから、僕が一人でわめいているみたいになっちゃう(笑い)。だから、逃げないでほしいよ。

関連記事

トピックス