• TOP
  • 芸能
  • コロッケ ものまねは3割を本人に似せ残り7割は高レベルの芸

芸能

2015.12.01 16:00  週刊ポスト

コロッケ ものまねは3割を本人に似せ残り7割は高レベルの芸

自身のものまねの真髄について語るコロッケ

 人生には忘れることのできない存在が必ずいる。今の自分を作ってくれた恩師の姿は、温かな記憶とともに甦る。タレントのコロッケ氏(55)が、恩師から学んだものまねの神髄について語る。

 * * *
 僕のものまねはご本人に3割似ていればいいという考えを持っています。残りの7割は別物でいい。

 だから例えば五木ひろしさんのものまねをするときも、3割分はご本人に似せて、残りの7割で「ロボットダンス」をやっている。ただ、ものまねの3割はもちろん、残りの7割も、プロが観ても驚くような高いレベルで、真剣にやることを心がけています。

 それを教えてくれた恩師が左とん平師匠です。たくさんの恩師と呼べる方がいますが、僕にとっての一番は師匠ですね。

 あれは10年ほど前の舞台でした。とん平師匠が演じた「年をとった宮本武蔵」という役を観させてもらいました。その武蔵は年配の設定だが、かなりの殺気を纏(まと)っている。「ムッ」と一方を睨みつけ、刀に手をかけ、じっ……と動かない。迫力満点で、いつ抜くのか、と観客の私も固唾を呑んだ。

 でも結局刀は抜かないんです。「抜かないんかい!」と心の中でツッコみましたよ(笑い)。ベタな笑いなんですけど、だからこそ観客はお年寄りから、武蔵をよく知らない小さい子まで笑っていました。

 そしてこの時にハッと気づいたんです。とん平師匠は、ボケはもちろんなのですが、刀を握る、構えるといった所作の完成度が高かった。笑いを取るためには、「ボケ以外の所」がきちんとできていないとダメなんです。さらに師匠の演技はボケが最大に生きるよう、マジメな所とボケが綿密に計算された構成になっていた。衝撃を受けましたね。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス