• TOP
  • 国内
  • 約3割が「夫婦で風呂に入る」 病気発見やガス代節約効果も

国内

2015.12.16 07:00  女性セブン

約3割が「夫婦で風呂に入る」 病気発見やガス代節約効果も

 情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)で気になるアンケート結果が発表された。“夫婦で一緒にお風呂に入る?”というお風呂事情で、既婚者男女130人を対象に調査。7割が入らないと回答し、最も多かった理由は「ひとりでゆっくり入りたいから」だった。世代別に見ると、年齢が上がるにつれて一緒に入る割合は低くなるとのことだが、裏を返せば3割の夫婦は一緒に入っているということだ。

 女性セブンでもが同様のアンケートをとったところ、1230人中、330人(約27%)が「入る」という結果に。これは『スッキリ!!』の結果とほぼ同じだ。

 入る派の主張には、「節約」「時短」と現実的な理由もチラホラ見える。

「ガス代も節約できるし、どちらかが湯船に浸かっていればお湯のかさも増えて水道代の節約にもなる。一緒に入れば時間も短縮。いいことだらけです。裸を見られたくないというけど、うちはお互い目が悪いし、めがねは湯気でくもって見えませんから(笑い)」(44才主婦)

 お風呂といえば、テレビもスマホもない空間。そんな場所だからこそ、夫婦が一緒にいる意味があるという。

「共働きで、平日はなかなかゆっくり話す時間もない。一緒に入るようになったきっかけは、そんな忙しい時間を過ごしていたなかで、ひとり息子が高校受験を迎えたとき。悩む息子の相談をしたくても、教員の夫は自分の生徒のことで手一杯。自宅で持ち帰りの仕事をしていたことも多くて。それで、仕事を絶対に持ち込めないお風呂に一緒に入ることにしたんです」(51才会社員女性)

 同時のタイミングで入り、湯船に浸かりながら、体を洗いながら、とりとめもない話をするのが、貴重な夫婦の時間だという。

 恋人・夫婦仲相談所の二松まゆみさんは、「一緒に入るのは、たまにでいい」としたうえで、重要な効果を指摘する。

「40~50代の夫婦は、お互いの体を触ったり見たりすることで、病気の発見につながることがあります。裸に慣れちゃうとセックスレスにつながる一因にもなるので、毎日じゃなくてもいいと思いますけど、肌と肌が触れ合うことでオキシトシンという脳内物質が出て、相手を愛しく思えるので、月に1~2回くらいがいいかもしれないですね」

※女性セブン2015年12月24日号

関連記事

トピックス