• TOP
  • コラム
  • JVCケンウッド 安全な自動運転の根幹技術開発で株価に注目

コラム

2015.12.22 16:00  マネーポストWEB

JVCケンウッド 安全な自動運転の根幹技術開発で株価に注目

 現在、株式市場において大きなテーマとして注目を集めている「自動運転」。今後注目の関連銘柄にはどんなものがあるのか。ラジオNIKKEI記者・和島英樹氏が、今の市場動静を踏まえた銘柄選びのポイントとあわせて解説する。

 * * *
 日経平均株価は早い段階から米国の利上げを織り込んだ動きを見せており、今後、大きく下がることは考えにくい。ただ、新興国から資金が引き揚げられることで関連する外需銘柄の売りは進むだろう。その後も緩和マネーが抜けた新興国の急速な回復も望みは薄く、まずは外需の影響を受けにくい銘柄に注目したい。

 一方、国内では消費増税を控えていることもあり、内需のなかでも独自のビジネスモデルを持ち、消費増税ショックをこなして長期的な伸びが見込める銘柄に目を向けたい。

 そうした中で私が注目しているのは、カーエレクトロニクスに注力するJVCケンウッド(東証1部・6632)だ。同社は、今後有望な「自動運転」で次なるビジネスチャンスを生み出そうとしている。

 高度な電子ミラーやフロントガラスに各種情報を表示するヘッドアップディスプレイなど運転を支援する「ADAS(先進支援システム)」で先行しており、その延長線上にあるのが自動運転だ。

 ロボット技術をベースにした自動運転の実証実験などを手がけるベンチャー企業・ZMP(未上場)と合弁会社「カートモ」を設立。自動車の車載データをリアルタイムに集約し、自動車の状態とドライバーの行動をインターネット上に蓄積して解析することで、より安全な自動運転を可能にする根幹技術になると見られている。

 前期(2015年3月期)は黒字転換したものの、10月30日に発表された今期(2016年3月期)第2四半期は前期に続き赤字となり、通期予想も下方修正された。それに伴って株価も調整しているが、PBR(株価純資産倍率)は約0.6倍と下値不安は乏しく、今後の大幅なリバウンドに期待したい。

※マネーポスト2016年新春号

https://www.news-postseven.com/wp-content/themes/nps2019_pc/images/マネーポストWEB

関連記事

トピックス