• TOP
  • 芸能
  • 吉田栄作など「戻り鮭イケメンの当たり年に」と評論家予測

芸能

2016.01.11 07:00  NEWSポストセブン

吉田栄作など「戻り鮭イケメンの当たり年に」と評論家予測

「戻り鮭イケメン」として注目の吉田栄作

 2016年は、復活した俳優たちが活躍する――。イケメン評論家の沖直実さんによれば、今年は「戻り鮭イケメンの当たり年になりそう」なのだという。沖さんの言う、“戻り鮭イケメン”とは…?

「イケメン俳優は20代で表舞台に立ち、30代で壁にぶつかりがちです。若くてカッコイイだけでは通用しなくなるし、かと言ってパパ役などを演じるには若い。俳優としての転換期で露出が減りがちですが、海で栄養を蓄えた鮭が川にのぼってくるかのように、演技力や渋味を増してまた表舞台に舞い戻ってくる人もいます。それがまさしく“戻り鮭イケメン”。若い頃とはまた違った、存在感のある演技を見せてくれます」(沖直実さん、以下同)

 確かに3年くらい前から、かつてのイケメン俳優に復活の兆しが見え始めている。その一番手と言えるのは、『八重の桜』(NHK)で注目された西島秀俊(44)だろうか。

 今年も新年早々、大物の復活が話題になっている。吉田栄作(47)だ。1月12日スタートの新ドラマ『愛おしくて』(NHK)は、吉田にとって11年ぶりの恋愛ドラマとなる。

「年末に離婚を発表したばかりの吉田栄作さんは、心機一転、このドラマで役者として一皮むけた新しい姿を見せてくれると思います。昨年12月にアコースティックライブを開きましたが、それも盛況だったそうなのでファンは健在なのでしょう。海外に長くいるなどして日本での活動は目立っていませんでしたが、かなり注目されると思います」

 とはいえ、若い世代の人たちの中には若かりし頃の吉田栄作を知らない人も多い。かつてのイケメン俳優が、新たなファンを獲得するのは難しそうな気もするが…?

「20代の女性は、大人の男性に憧れを抱きやすいので、気になる人も多いと思います。自己主張が強かった頃の吉田栄作さんをあまり好きでなかった人が、『渋くなった彼は好き』と見直すこともあるでしょう。昔のようなキラキラ感はないかもしれませんが、年を重ねて渋みが出て、いい感じに枯れていると思います。これからはそんなふうにちょっと陰のある、“日陰系イケメン”の人気が出てくると思います」

 吉田のように復活する人、消えたままの人の差はどこにあるのだろうか。

関連記事

トピックス