• TOP
  • スポーツ
  • 金田正一氏 球速180km説を確かめる記者に「200kmかな」

スポーツ

2016.01.16 07:00  週刊ポスト

金田正一氏 球速180km説を確かめる記者に「200kmかな」

現役時代の球速について述懐する金田正一氏

 レジェンド同士の奇跡の対談が実現した。400勝投手として野球界を代表する金田正一氏(82)と、日本人初の米国PGAツアー優勝などゴルフ界を代表する実績を持つ青木功氏(73)。公に対談をするのは今回が初めてだという2人が、現役時代を振り返った。

──お2人は旧知の間柄だそうですね。

金田:(深く頷きながら)青木が我孫子GCの研修生だった頃から知っているよ。年は9個下だが、ワシが唯一尊敬する存在じゃ。

青木:嬉しいねェ、アニキと慕う人生の大先輩からそういってもらえるなんて。でも考えてみると、酒を飲みながらバカをやることはよくあったけど、こうやって改まって対談をするのは初めてだよね。

金田:なにしろ「世界のアオキ」だからな(と最敬礼)。

青木:自分の中ではゴルフ好きの「ただのアオキ」ですよ(笑い)。

──青木さんが抱く金田さんの現役時代の印象は?

青木:とにかく凄い投手。アニキはオレたちのガキの頃の憧れの人だよ。長嶋茂雄さんのデビュー戦で登板していた姿は忘れられない。家にテレビがなかったから、地元の卵屋で10円払って卵を買って店のテレビを見せてもらったんだけど、長嶋さんがキリキリ舞いしていた。4連続三振だっけ?

金田:翌日もリリーフで三振を取ったから5連続じゃ。

──なんせ直球が180キロ出ていたんですもんね。

金田:(記者を睨んで)お前、バカにしているだろう。

青木:アニキ、本当はもっと出ていたよね?

金田:200キロ位かな。

青木:(爆笑しながら)でも本当に速かったもんね。今のダルビッシュ(有)や田中(将大)と比べても絶対に負けていないと思う。それにアニキは投げ終わった後、打者にビシッと正対する体勢になる。あれが格好良かったし、大事なんだろうなと思った。最近の投手にはなかなかいないよね。

金田:さすがの指摘だな。あれは投手にとって一番大切な、下半身ができているという証拠なんだ。投げる時、腕を振るためには体が綺麗な「人」の文字の形にならなければならん。その勢いのまま、投げた後は蹴り足を前にグッと持ってきて正対する。これが一番球に力が伝わるし、打球からの防御を兼ねるんだ。いやしかし、そこに気づくとは大したものだ(と感心)。

※週刊ポスト2016年1月29日号

関連記事

トピックス