• TOP
  • 国内
  • マドンナが息子からブロック SNSでの親子関係のあり方

国内

2016.01.31 07:00  女性セブン

マドンナが息子からブロック SNSでの親子関係のあり方

マドンナ2016年来日公演スペシャル・サイト

 ステージからはるか遠い、いちばん安いB席で9000円。最も高いSS席は5万円にもなるが、即日完売。インターネット上のオークションでは、そのチケットはゆうに10万円を超える値がついている。

 2月13・14日にさいたまスーパーアリーナで、10年ぶりの来日ツアー『Madonna Rebel Heart Tour』を控えているマドンナ(57才)。期待は高まるが、一方で彼女は今大きな悩みを抱えている。それは、長男・ロッコ(15才)との関係だ。

 ロッコの父親は、元夫で映画監督のガイ・リッチー(47才)。2008年に離婚した際、親権を巡って争ったが、マドンナが勝利していた。しかし、ロッコ自身が「父と暮らしたい」と言い出したことで裁判にまでなっているという。

「もちろん、ロッコにとってガイは父親ですから、その後も交流がありました。そんな中、ロッコは昨年のクリスマス休暇にイギリスに住むガイを訪ね、休暇が終わればニューヨークにいるマドンナの元に帰る約束になっていましたが、“イギリスで父と暮らす”とマドンナに伝えたんです。そして本気であることを示すために昨年12月21日、ロンドンの裁判所に訴えまで起こしました。

 それに対してマドンナも、2日後の23日、ニューヨークの裁判所に駆け込んで、“息子が約束を守らない”と訴え強制帰国の措置を求めました。裁判官は、ロッコに対して、とにかくマドンナの元に一度帰って話し合うように、というお達しを出したんですけどね…」(海外セレブゴシップ誌ライター)

 そして今年に入って、ロッコがインスタグラムでマドンナをブロックしていることがニュースとなった。「インスタグラムのブロック」とは、フォローを外され、投稿写真などを見られなくなるばかりか、メッセージさえ送れなくなってしまう状態だ。

 愛息からのブロック――親の立場からするとあまりにショッキングな事態だが、実はこういったケースは増えているようだ。

関連記事

トピックス