芸能

坂上忍 「忙しさを自慢してもカッコ悪いからしません」

仕事漬けの日々を送る坂上忍に密着

 坂上忍(48)の一日は朝4時に始まる。内房の海原を一望する木更津の自宅で目覚めるや、焼酎のロックを傾けながら連載原稿や台本の執筆のため2時間机に向かう。一段落ついた頃、「極度の潔癖症」と自認する通り、家中を掃除し、洗濯に取りかかる。その後、休む間もなく9匹の愛犬を3組に分けて各30分、計1時間半の散歩。

 こうして朝の日課が終わる頃、迎えの車が自宅に到着する。毎週月曜から金曜まで総合司会を務める昼の情報番組『バイキング』の生放送がある東京・台場のフジテレビに向かうためだ。

「1日のテンションのピークを『バイキング』に合わせているんです。だから、放送が終わると一気に疲れが押し寄せてきて、次の仕事に向かう移動の車の中で一瞬気絶します(笑い)。そこからまたエンジンをかけて走り出すという毎日です」

 昨年1年間のテレビの出演本数455本は、全タレントの中で5位。現在、レギュラー8本、準レギュラー2本に加え、単発の番組出演や雑誌の連載を抱えるほか、週末の土日は自らが運営する子役養成学校で指導。芸歴45年、かつて天才子役と呼ばれた男は仕事漬けの日々を送っている。

「『忙しいでしょ?』ってよく聞かれますが、今さらいい歳したオヤジが忙しさを自慢するなんて、カッコ悪いしバカみたいだからしません。でも、これが20代だったら勘違いして天狗になっていたでしょうね。車なんて全然興味ないけど、フェラーリ、間違いなく買ってた(笑い)」

 3歳で劇団若草に入団。1973年、6歳の時に水前寺清子主演のドラマ『ありがとう』(TBS系)で一躍人気者となった。だが、当時の坂上は周囲との軋轢に戸惑っていた。

「初対面の人には、まず睨んでいましたね。誰であろうと噛みついていた。とくに権力のある人は好きになれませんでした。当時は、とにかく早く子役をやめたかった。泣く芝居はできるのに、笑う芝居はできない。周りから見れば不思議な子だったと思います。仕事が忙しくて、大好きな野球も諦めざるを得なくなった。なんで自分は普通じゃないんだろうと、ずっと悩んでいました」

 ドラマの撮影中、納得がいかなければ勝手に帰宅したこともある。仕事に向かう途中、マネージャーと口論になり、走行中の車から飛び降りたこともあった。

 20歳を過ぎると私生活も荒れた。毎晩浴びるように酒を飲み、誰かれ構わず怒りをぶつけて暴れた。子供の頃から野球が好きで、熱狂的なヤクルトファン。神宮球場で酔って巨人ファンと大喧嘩したこともある。

◆さかがみ・しのぶ/1967年、東京都生まれ。1972年、ドラマ『下町かあさん』でデビュー後、『ありがとう』で草笛光子の息子役を演じる。NHK大河ドラマ『おんな太閤記』など、数々のドラマに出演。2012年『笑っていいとも!』レギュラー出演をキッカケにバラエティ番組の出演が急増。現在、『バイキング』『有吉ゼミ』『クイズやさしいね』などに出演。

■撮影/藤本和典 取材・文/岡野誠

※週刊ポスト2016年2月12日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン