スポーツ

清原和博 シャブ使い3戦連続HR「こりゃエエな。最高や」

1998年5月、清原は3試合連続でホームランを放った

 清原和博容疑者の覚醒剤事件。そのキーマンが元プロ野球選手のXだ。既に複数のメディアに直撃取材されている人物だが、彼との「約束」により、ここではあえて名を伏せる。

 1991年、オリックスに入団。左の中継ぎとして活躍し、1998年に巨人に移籍、2000年には優勝・日本一に貢献した。その後はメジャーリーガーを目指して渡米。2005年に球界を引退している。その後、Xは道を誤った。2006年、覚せい剤取締法違反の罪で逮捕され、有罪判決を受ける。

 本誌は判決を受けた直後、Xに480分もの長時間のインタビュー取材を行なった。そこでは重大な発言もあったが、検証できずに封印されたものあった。清原が覚せい剤取締法違反で逮捕され、過去に遡っての常習的な使用も疑われている今、本誌はこの証言が「清原がいつから薬物に溺れてしまったか」を探るための重要な意義があると考え、10年間封印してきたXの重大発言を公開する。

 * * *
 私は現役時代からすでに、覚醒剤を使用していました。

「グリーニー」(覚せい剤取締法で規制を受ける覚醒剤に指定されているアンフェタミン系興奮剤)はオリックスが日本一になった1996年シーズンの終盤、ある外国人選手から「コーヒーに入れて飲んでみろ。体が楽になるぞ」とカプセルを渡され、飲んだのが初めでした。

 しかし1997年には、グリーニーが彼の手に入らなかった。そこで彼は、グリーニーの代用品として覚醒剤を入手してきました。フィルムケース一杯に入ったものを持っていて、同じくコーヒーに入れて飲んでいた。私も分けてもらいました。

 その年のオフ、私の巨人への移籍が決まりました。当時、子供がすでに小学校への入学手続きが終わっていたので、単身赴任することになった。その時に孤独感も手伝って、初めて“炙り”をやってみました。第一印象は「目がさえてきた。こりゃ寝られんぞ」だったのを覚えています。

 そして忘れもしない1998年、巨人で迎えた初めての宮崎キャンプでのことです。キャンプを打ち上げ、オープン戦に参加しない選手が居残っている時でした。アップ中に、清原さんにこう声をかけられたんです。

「お前、マリファナやったことあるか」

 いきなりの会話としては普通じゃなかった。経験はなかったので素直に「いいえ」と答えると、「手に入れることはできるか」と言ってきた。冗談には聞こえませんでした。私が覚醒剤をやっていたことは絶対にバレていないはず。単に同じパ・リーグ出身の顔見知りで、巨人では外様同士、親しみを感じてくれたのかもしれません。

関連記事

トピックス

ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
《大好評ドラマ》『アンメット』杉咲花を歌で支える女性アーティストたち 木村カエラらのCMはドラマと“最高のコラボ”
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン