• TOP
  • ビジネス
  • 復活したアルトワークスの仕上がり スズキの執念の賜物

ビジネス

2016.02.29 07:00  週刊ポスト

復活したアルトワークスの仕上がり スズキの執念の賜物

アルトワークス(スズキHPより)

 モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまでカーマニア宣言!」。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が、150万円で買える軽スポーツカー、アルトワークス(スズキ)について解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。我ら中高年はカーマニア世代である。バブル期には、続々登場する国産バカッ速軍団に青春を燃焼させたものだ。その頂点は日産・スカイラインGT-Rやホンダ・NSXであった。

 一方あの頃は軽自動車業界でも、スズキ・アルトワークス、ダイハツ・ミラターボTR-XX、三菱・ミニカ ダンガンというバカッ速軍団が次々登場し、覇を競ったことを覚えているだろうか? 中でもアルトワークスは軽自動車中、最強と言われたものだ。

 アルトワークスは2代目アルトから設定されたスポーティーグレードで、発売は1987年。当時の軽自動車のエンジンは550ccだったが、初代アルトワークスの最高出力は、現在(660cc)と同じ64馬力を誇った。車両重量は約600kgときわめて軽かったから、そのじゃじゃ馬的な加速感は、ある意味GT-Rに匹敵したほどである。

 何を隠そうこの私も、1989年にアルトワークス(2代目)同士で競うワンメイクレース『アルトワークスカップ』に参戦した経験を持つ。軽とは思えない強烈な加速やコーナリングは、我が青春の思い出の1ページである。

 その後のバブル崩壊によってパワー競争は下火になり、軽自動車は燃費が命に。アルトワークスも長らく消滅していたが、昨年12月、15年ぶりに復活したのはやはり、近年の景気回復のおかげか? ホンダがS660、ダイハツがコペンという軽スポーツカーを発売している手前、スズキはアルトワークスの復活で我ら中高年の焼けぼっくいに火を付けようという算段だろう。

関連記事

トピックス