• TOP
  • ビジネス
  • 「大人のアイス」流行 リピーターが増え続けている背景は

ビジネス

2016.03.20 07:00  NEWSポストセブン

「大人のアイス」流行 リピーターが増え続けている背景は

大人向けに味わいに仕立てた「大人のアイス」が人気

 今、「大人のアイス」がブームだ。「大人の」を冠につけ、ちょっとした贅沢感を加えた商品が各アイスメーカーから続々と発売されている。例えば、宇治抹茶を贅沢に使い大人向けの味わいに仕立てるなど、大人嗜好のテイストやリッチ感、または「限定品」に引きつけられる購入者は多く、市場を賑わせている。

 流行の背景について、アイスクリーム情報誌『アイスクリームプレス』の二村英彰社長はこう語る。

「2、3年前から大人ブームの流れがあり、秋冬のアイスの消費もここ5年ほどずっと右肩上がりです。その要因は、大人がアイスクリームを食べるようになったということですね。75才以上のいわゆる戦中生まれの世代と違い、団塊世代は子供のときからアイスクリームがあって、食べることに抵抗なく育ってきています。そういう人たちが高齢となって60、65才を過ぎても、抵抗なくリピートして食べているということもあるでしょう」(二村さん)

 日本アイスクリーム協会が10~60代の男女600人に行った調査によると、お菓子や飲み物を含めた「好きなデザート」で、アイスクリームはダントツの人気。1997年の調査以来、不動の1位をキープしている。

 もともとは暑い夏に冷たさを楽しむデザートだったが、近年、寒い季節に暖かい部屋で食べる「冬アイス」が人気だ。昨年12月には人気番組『マツコの知らない世界』(TBS系)でも「冬のコンビニアイス」が取り上げられるなど、注目を集めている。

 アイス大手の江崎グリコは、2014年秋冬から主力の『ジャイアントコーン』『パピコ』『アイスの実』で「大人シリーズ」をスタート。アイスクリーム市場で、通常価格帯(100円代)よりも少し高い中間価格帯(主に150円以上)の商品が売れていることに加え、少子化による大人の人口増加にともない、大人好みの商品の展開を始めた。

「大人アイス」は中身がランクアップする分、値段も若干割高になる。例えば『ジャイアントコーン』は通常130円を160円で販売しているが、「大人シリーズ」は毎年大好評。今年1月に発売した『大人の苺』シリーズは、早々に在庫切れの状況になったという。

「限定品の販売は3か月ほどをめどにしますが、『大人の苺』シリーズは大変好評いただき、非常に早い段階で予定数が無くなりました。アイスクリームの年間の売上は、夏が大きく、冬はあまり高くありませんが、2014年の冬から大人向けの高付加価値アイスを販売したことで、売上が上がりました。そういった需要があり、大人シリーズは好調に伸びています」(江崎グリコ・グループ広報部)

 大人向けライン『GRAN』シリーズを展開する明治は、開発経緯についてこう語る。

関連記事

トピックス