芸能

伊野尾慧 バラエティーでの対応力と現場に溶け込むコミュ力

伊野尾慧はバラエティー番組で大活躍(Ph:AFLO)

 Hey! Say! JUMPの伊野尾慧(いのおけい・25歳)が最近、バラエティー番組で活躍中だ。伊野尾が、人気番組に相次いで起用されるのはなぜか? その魅力について、テレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 眠そうな目つき、脱力した半笑いの表情、モコモコの髪型、フワッとした受け答え。バラエティー番組で初めて伊野尾さんを見たとき、「見た目もトークも、モロにゆとり世代だな」「大人層へのウケは悪いだろう……」と心配になりました。

 しかし、『天才!志村どうぶつ園』や『ニノさん』に出演した伊野尾さんを見て、その思いを改めました。ジャニーズの先輩である相葉雅紀さんや二宮和也さんだけでなく、大御所の志村けんさん、芸人のハリセンボンさんなど、年齢性別の壁を超えてあらゆるキャストとのトークが成立しているのです。これは、物おじしない度胸と、現場の空気に溶け込むコミュニケーションセンスあってのことでしょう。

 さらに驚かされたのは、MCからの急なコメント振りや、番組進行のささいなトピックスに、ほぼ100%の確率でリアクションを返していること。ただニヤニヤ笑っているだけでなく、感心するような仕草や、拒絶のオーバーアクションなど、何気に多彩な反応を返していました。実際、4月からレギュラーとして出演している『メレンゲの気持ち』を見ると、ディレクターが意図的に伊野尾さんのリアクション機会を組み込み、カメラマンが繰り返しとらえている様子がうかがえます。

 特筆すべきは、芸能界の先輩方に愛されていること。特に伊野尾さんを見る相葉雅紀さんや久本雅美さんの視線は優しく、ゆとりキャラを生かすような強めのツッコミを何度も入れていました。そんな「先輩が後輩を生かそう」というムードはスタッフにも伝わり、「伊野尾くんがいいコメントをした」「今日もいい表情をしている」という評価が広がり、活躍の場が増えるのがテレビの世界です。

 そうしたムードに恐縮することなく、無邪気に自由な振る舞いを続ける伊野尾さんは、女性視聴者にしてみれば「この子、かわいい」という愛らしい存在、男性視聴者にしてみれば「コイツ、憎めないやつだな」という弟のような存在。25歳という若さを生かした独自の存在感で愛される、テレビ業界にとって新たなタイプのタレントと言っていい気がします。

 幅広い年齢層が視聴する『めざましテレビ』へのレギュラー出演に加え、さらなる飛躍のポイントは俳優業。7月からの連ドラ『そして、誰もいなくなった』と、大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル』への出演が決まり、さらに、来年公開の映画『ピーチガール』では主演を務めることが決定しています。

 伊野尾さんは2014年の『なるようになるさ。』では、連ドラ初出演にも関わらず、橋田壽賀子さんの長ゼリフをこなすなど非凡なところを見せました。SMAPや嵐のような国民的人気を得るためには、歌やバラエティーだけでなく、俳優業での成功は欠かせないだけに、順調な道のりを歩んでいる様子がうかがえます。

 そしてもう1点、伊野尾さんについて触れなければいけないのは、明治大学理工学部建築学科をストレートで卒業した理系インテリであり、学業とアイドル業と並行して行っていた努力家であること。伊野尾さんは、耳を隠したガーリーな髪型をよくネタにしていますが、隠していたのは頭の良さであり、「テキトー王子」というニックネームもごく一部の姿に過ぎないのです。

 今後、学歴や努力家であることが浸透する度に、ふだんの振る舞いとのギャップが生まれ、「ただのゆとりキャラじゃないんだな」というイメージが定着していくのではないでしょうか。

 現在、伊野尾さんはアイドルのファン層から抜け出して、全世代への認知度を高めているところ。レギュラー番組が2本増えた今年の春に助走のスピードを上げた分、秋から冬にかけて、一気にお茶の間の人気者になる可能性を秘めています。

 Hey! Say! JUMPの中でも地味な存在だった伊野尾さんが、今やグループのトップどころか、芸能界のトップシーンに躍り出たら……。私はジャニーズのファンではないですし、太鼓持ちをするつもりはありませんが、伊野尾さんならそんなサクセスストーリーを見せてくれるのではないか、と期待しています。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン