• TOP
  • ライフ
  • 親を捨てる 自分を犠牲にして親の介護する必要あるのか

ライフ

2016.06.07 07:00  週刊ポスト

親を捨てる 自分を犠牲にして親の介護する必要あるのか

宗教学者の島田裕巳氏

 介護費用や、徘徊老人による事故の賠償責任など、老いた親を持つ子供に降りかかるコストとリスクは大きな社会問題となっている。この難題に対し、新著『もう親を捨てるしかない』(幻冬舎新書)で「親を捨てる」という衝撃的な問題提起を行なったのが、宗教学者の島田裕巳氏だ。

 島田氏は著書の中で、2015年11月に起きた「利根川心中」に触れている。埼玉県内を流れる利根川で81歳の妻と74歳の夫の遺体が発見され、47歳の三女が「母親に対する殺人、父親に対する自殺幇助」の疑いで逮捕された事件だ。三女は認知症の母の介護に疲れ果て、病気で働けなくなった父から「一緒に死のう」といわれ、一家心中をはかったと供述した。

 島田氏は家族主義の限界を指摘、こうした絶望的な状況下でも介護殺人に至らないために、島田氏は非難を覚悟のうえで「親を捨てる」ことを提案したのである。

 介護殺人予備軍にならないために、子供はどうすればいいのか。島田氏は「精神的な“親捨て”をしておく必要がある」と指摘する。

「私は17歳の時にそういう事態に直面しました。父が勤めていた会社が倒産して家を失い、一家で借家住まいをしていましたが、父がつてを頼って大阪で働くようになると一家で大阪に引っ越しました。

 しかし私は公立の進学校に通っていたこともあり、ひとり東京に残って賄いつきの実質3畳半の下宿で生活することになった。それ以来、私は親とは暮らしたことがありません。一度親元を離れた以上、再び戻ることはできませんでした」(島田氏)

 どこかの時点で子供は親離れをしなければならない。だが、親離れをした後でも、否応なく子供に降りかかってくるのが「親の介護」という難題だ。島田氏は「子供は親を介護しなければならない」という価値観の根幹にまで鋭い視線を向ける。

「そもそも“親孝行”という考え方は中国から流入してきた儒教思想で、決して普遍的な価値観ではありません。今はその価値観を支える社会基盤である“受け継がれてきた家”がなくなっているから、親孝行を実践しようとしても無理なのです。育ててもらった恩はあっても、果たして自分を犠牲にしてまで親の介護をする必要があるのか。根本から問い直す必要がある」(島田氏)

※週刊ポスト2016年6月17日号

関連記事

トピックス