• TOP
  • 国際情報
  • トランプ氏取材した落合信彦氏「会話する価値なかった」

国際情報

2016.06.10 16:00  SAPIO

トランプ氏取材した落合信彦氏「会話する価値なかった」

共和党の大統領候補がドナルド・トランプ氏に Reuters/AFLO

 米大統領選の共和党予備選で不動産王のドナルド・トランプが共和党大統領候補の指名獲得をほぼ確定させた。潤沢な資産を使った派手な選挙活動では、ローリング・ストーンズの『スタート・ミー・アップ』などをテーマ曲に使用しているが、人種や性など差別と偏見に満ちた暴言を問題視し、無断使用を停止するよう求めている。なぜ、これほど問題が山積みの人物が大統領候補になったのか、ジャーナリストの落合信彦氏が解説する。

 * * *
 アメリカ大統領と大統領選挙の権威は、もはや地に墜ちてしまった。

 なにしろ共和党の候補がドナルド・トランプである。

「メキシコ人は強姦犯」といった暴言の数々。「バカ女」「太った豚」などの女性蔑視発言。まともな政策はゼロ。この男には大統領としての素養など、かけらもない。

 共和党の候補になることが確実になった後には、民主党のヒラリー・クリントンに対する個人攻撃まで始めた。トランプは、ヒラリーが夫のビル・クリントンの不倫を「助長」した「意地の悪い」女性だと批判したのだ。もちろん、その発言には何の根拠もない。単なる中傷だ。

 私はかつてアメリカで、トランプを取材したことがある。

 インタビュー開始早々、彼は「父親から何万ドルをもらったが、自分でそれを何千倍にもした」などとカネの話ばかりし始めた。あの品がない話し方で、カネ・カネ・カネ……。私はもう彼とは会話する価値がないと見切りをつけ、話が始まってすぐ、取材を切り上げた。

 こんな人物を大統領候補に押し上げたアメリカ国民は、明らかに劣化してしまった。あるいは「もうこんな国はどうにでもなれ」と、国の未来について考えることを放棄しているのかもしれない。

※SAPIO2016年7月号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス