芸能

宮沢りえ『Santa Fe』発売時 出版元に1分間1000回の電話

『Santa Fe』発売の衝撃は凄かった

 衝撃の全面広告だった。今から25年前の1991年10月13日、読売新聞に人気絶頂のアイドルのヌードが掲載された。宮沢りえの写真集『Santa Fe』の突然の発売告知である。

 その日、出版元の朝日出版社には、問い合わせの電話が1分間に1000回鳴ることもあり、計30万本にも上った。撮影した篠山紀信氏は、当時こう語っている。

「(それまでのヌードは)陰の部分、後ろ暗いものがあった。でも宮沢りえさんのヌードには全くない。つまり、『あっけらかんのすっぽんぽん』なのです」

 売れなくなったから脱ぐ──。1980年代までヌードには「陰」の印象が強かった。その流れを変えたのが、宮沢と樋口可南子だった。

『Santa Fe』が発売される10か月前、NHK大河ドラマ『太平記』に出演中の樋口は写真集『water fruit』でヘアを露出。警視庁は「再度発行すれば、摘発の対象となる」と口頭で警告を発したものの、回収には至らなかった。

 当時の出版社を取り巻く空気感を、過去に200冊以上の写真集を制作した編集者が振り返る。

「樋口の一件で、ヘアを載せても大丈夫そうだと感じました。そして、お咎めのなかった宮沢の例で、ヘアは問題ないと各社が確信しましたね」

 最終的に樋口55万部(推定。以下同)、宮沢は155万部の大ヒット。社会現象になった。

「1991年の書籍売上高は9.1%も上昇し、1990年以降で最も高い伸び幅です。単価の高い2人の写真集が売れたことが大きな要因です」(植田康夫・上智大学名誉教授)

 かくして、ヘアヌード写真集のバブル時代が到来する。1992年には島田陽子が55万部、1993年には石田えりが25万部、山本リンダが16万部、辺見マリが15万部を記録。熟女のヘアに世間は狂喜乱舞した。石田の写真集は、世界的巨匠であるヘルムート・ニュートンが撮影。制作には惜しげもなく資金が投じられた。

「今と比べると、予算は5倍以上。初版5万部なら、制作費1000万円以上のこともよくあった。なかには、アタッシェケースに詰め込んだ現金1000万円を見せて、ヌードにならないかと女優やモデルを口説きにいく出版社もあったそうです」(前出・編集者)

※週刊ポスト2016年6月24日号

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン