芸能

櫻井翔 2億円の軽井沢別荘を両親にプレゼント

 JR軽井沢駅から車で10分ほど。樹齢100年を超える広葉樹が生い茂り、鳥のさえずりが響く高原の森の中に、全面ガラス張りや古い洋館風などの瀟洒な建物が点在している。政界きっての資産家である鳩山由紀夫元首相やソフトバンクの孫正義社長などが別荘を構える、軽井沢の中でも一等地と呼ばれるエリア。

「櫻井さん、よく見かけますよ。最近、軽井沢がお気に入りのようです。この春にも近くのゴルフコースでプレーされていましたよ」(地元住民)

 昨年秋、その付近に土地を購入したのは、嵐の櫻井翔(34才)。広さ約300坪で、地元不動産会社によれば2億円前後の人気物件だったという。

「ご両親へのプレゼントだったようです。翔さんのお父さんはこの6月に総務省の事務次官を退官しました。寸暇を惜しんで仕事してきたお父さんにやっとゆっくりする時間ができた。“お疲れさま”という思いがあったんでしょう」(櫻井家の知人)

 父親思いの長男に、舛添要一前都知事(67才)の公私混同辞任で、次の都知事候補の“最有力”にも挙げられた父親の俊さん(62才)。凄すぎる父子だがこの2人だけではない。父、母、弟、妹──櫻井家はみんな揃って“エリート”なのだ。

 両親が暮らすのは東京・世田谷の閑静な住宅街。周囲より一回り大きく洋風でシックな外観の櫻井家はひと際目立つ。

「このあたりは普段は静かなんですが、お父さんの名前が都知事候補に挙がったとたんに記者が集まって、賑やかでした」(地元住民)

 父・俊さんの出身は群馬。名門・前橋高校から東京大学法学部に進み、1977年に旧郵政省(2001年に総務省に再編)に入省した。総務省は職員数5000人以上。俊さんはその中で官僚の最高ポストである「事務次官」にのぼりつめた。

「俊さんの父、つまり翔くんのお祖父さんも地元では有名な人でした。敏腕記者で、群馬の地元紙『上毛新聞社』で専務取締役まで務めた人物。翔くんのニュースキャスターとしての矜持もお祖父さんにルーツがあるのかもしれません」(前出・知人)

※女性セブン2016年7月7日号

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン