芸能

山口百恵&桜田淳子の「ピンク・レディー動画」が大人気

 30秒の動画が目下話題になっている。その動画とは、山口百恵(57才)と桜田淳子(58才)が、ピンク・レディーの『渚のシンドバッド』を歌う映像。1978年4月に放送された音楽番組『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)のリハーサル時のことで、リハに間に合わなかったピンク・レディーの代役を急きょ2人が務めたワンシーンだ。

 当時19才の2人。普段着のままマイクを手に持ち、少し照れたようにはにかみながら歌いはじめる。淳子の手には自身が着る予定の衣装が握られ、よほど“緊急事態”だったことがわかる。にもかかわらず、2人は振り付けも披露。時折、不安げにチラリと隣を見やる箇所もあったが、サビは完コピ!

 6月中旬、SNSにこの動画がアップされるとまたたくまにネット上で拡散された。今や再生回数は100万回を超え、ツイッターで4000回以上リツイートされた。

 ピンク・レディーは1976年にデビュー。『ペッパー警部』『S・O・S』『カルメン’77』と大ヒットを続け、『渚のシンドバッド』で初のミリオンヒットを記録した。1978年4月といえば『サウスポー』を発売してすぐの頃。

 一方、百恵と淳子は1973年の同期デビューで、森昌子(57才)と合わせて「花の中三トリオ」と呼ばれた。同じくこの頃は人気絶頂で、百恵は『プレイバックPart2』や『絶体絶命』『いい日旅立ち』をリリース、桜田も出せば「ベストテン入り」の時期だった。

「このリハーサルの時、ピンク・レディーはデビュー2年目でした。百恵や淳子ら超トップアイドルも平均睡眠3時間といわれる忙しさでしたが、彼女たちは1時間というありえない状況。リハーサルの時間さえなかったんです」(芸能関係者)

 ちなみに1978年のレコード大賞はピンク・レディーの『UFO』と百恵の『プレイバックPart2』、沢田研二の『LOVE』の三つ巴戦で、ピンク・レディーが大賞を受賞している。そんな中の「奇跡のコラボ」に往年のファンは当時の興奮が蘇ったようだ。

「国宝級ですよ! 幻の映像です! 本家顔負けです! もう一度見られてよかった!」(59才・会社員男性)

「百恵ちゃんたちの方が先輩なのに、代役を務めるなんてスゴイ。しかもうまい」(58才・主婦)

 何度も何度も繰り返し見ているという声も多かった。

「もう一度、彼女たちの生歌を聴きたい」──そう思わずにはいられない。

※女性セブン2016年7月14日号

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン