• TOP
  • ビジネス
  • マンション広告 「ポエムの世界」に騙されてはいけない

ビジネス

2016.07.16 07:00  NEWSポストセブン

マンション広告 「ポエムの世界」に騙されてはいけない

 しかし、そのマンションの購入を考えている方には役立つこともある。新築マンションを探す時には、必ずその物件のオフィシャルページを見て欲しい。SUUMO(スーモ)やHOME’S(ホームズ)などのポータルサイトでは分からないことが分かるからだ。

 それは、売主の販売担当者が自分たちの開発したマンションをどう考えているか、ということだ。それが各オフィシャルページのトップページに如実に表れる。

 例えば「天地創造」であれば「俺たちはこんなに大きなスケールで街を作ったのだ」という、やや上ずった意気込みがよく表れている。「感度リョーコー」には、「このマンションは何のとりえもないから、涼子ちゃんのイメージでごまかしています」という本音が透けている。

 地名を大々的に謳っていれば、「このマンションのいちばんのウリは立地です」ということを言いたいわけだ。例えば「渋谷区松濤」とか「京都下鴨」などというのは、地名が強力なブランドの光を放っている。

 もっと単純に「駅徒歩3分」とか「1分」を大々的に打ち出しているトップページも多い。何といっても「不動産は場所が9割」なのだから、そういう打ち出し方はむしろ王道と言っていい。

 逆に、そのマンションと何の関係もないタレントやキャラクターが前面に出ていれば要注意。先ほどの「感度リョーコー」のように、何かをごまかさなければいけないマンションである場合が多い。

 そういうマンションはだいたいが辺鄙な場所にあるか、モノと価格のバランスが取れていない場合がほとんどだ。そのギャップを埋めようとして派手なイメージ広告やタレントの起用に走っているわけである。

 そもそも、スペックの優れたマンションは広告に頼らずとも売れる。実のところ、みなさんの目に触れないうちに完売しているマンションも多いのだ。「あのマンションの広告、よく見るなあ」というようなマンションは、スペックがよろしくないから広告に頼っているのである。

 オフィシャルページを眺めていて「なんだこれは」という印象を受けるマンションは、自分の感性と合っていないのだから、選択肢から外してもいいと思う。オフィシャルページのトップをどういうコンセプトで創るかは、デベロッパーの事業責任者が判断する。事業責任者は、広告だけではなくマンション自体をプロデュースしている。

 オフィシャルページを見て「自分と合わない」と感じたなら、そのマンション自体と感性がずれていることが十分考えられる。

 マンションの広告は、笑い飛ばす対象ではあるが、購入検討者にとっては「自分と合っているかどうか」を見極める感性の指標でもあるのだ。

関連記事

トピックス