• TOP
  • ライフ
  • 熱帯夜を乗り切る快眠グッズ 冷蔵庫で冷やす小豆枕も有効

ライフ

2016.08.07 07:00  NEWSポストセブン

熱帯夜を乗り切る快眠グッズ 冷蔵庫で冷やす小豆枕も有効

使わない敷きパッドを丸めて抱き枕に


■『湿気をシャットアウト! 調湿敷きマット』(シングル・1万44円/税込)

「暑くて汗をかくと寝苦しさを感じるので、湿気を取ると快適に眠れます。布団やベッドパットの下に敷くと、汗や余分な湿気を吸収して快適な湿度に調節してくれます。吸湿のサインを知らせてくれるインジケーター付きです」(山本さん、以下「」内同)

■『@aroma  COOL FEEL(クールフィール)』(10ml・1296円~/税込)

「4種のアロマ、ペパーミント、スペアミント、ユーカリ、プチグレンがブレンドされたエッセンシャルオイルです。神経を落ち着かせ、ミントベースなので体感的な涼しさをもたらしてくれます。枕にちょっと垂らすだけでも体感温度が下がるので、寝苦しいときにおすすめです」

■『三河木綿 6重ガーゼケット』(1万1664円/税込)

「熟練職人が開発したガーゼケットで、細糸を六重に紡いで柔らかさと通気性を保っています。三河木綿は柔らかく肌触りがよくて、下着にも使われているほど。通気性に優れているので涼しく、保温性もあるのでクーラーで風邪を引くこともない快適な寝具です」

 続いては『ネムリウム』が厳選するおすすめ快眠グッズを紹介しよう。

■『&Free マットレスSA』(シングル9万円/税抜き)

「質の高い眠りを得るために最も大事な条件は、自然な寝姿勢の保持と体圧分散です。そのため、身体を支えるマットレスと枕が重要なのです。このマットレスはウレタンの凹凸構造が体圧を均等にして、一番重く負担がかかってしまう腰の痛みや横向き姿勢の肩のしびれも防いでくれます。体の一部に圧がかかると寝返りが増えますが、あまり寝返りが多いのは、実は脳も身体も休めていない状態です。できるだけ身体に負担がかからないように寝るということは快眠に繋がります」(営業担当者、以下「」内同)

■『&Free オーダーメイド枕』(2万5000円/税抜き)

「素材を選び、最適な高さを測定して、フィット感を調整してお作りします。枕はオーダーメイドで合うものを使っていただくことが非常に大事で、枕が合わないと首や肩だけでなく、全身の姿勢が悪くなり体に余計な力がかかってしまいます。自分にとって適切な枕を使うことでリラックスして眠れるので、ぜひ自分に合う枕を使っていただきたいです」

■『ルーム&リネンウォーター夜の香り』(1500円/税抜き)

「朝用と夜用の二種類があり、夜用はリラックスできる香りになっています。いい眠りのためには寝具だけでなく音や光、香りなど寝室の環境が非常に大事です。アロマと呼ばれる自然の植物から抽出した香りは、脳に直接的に働き、副交感神経を優位にするリラックス効果があります。中でもラベンダーやオレンジスイート、カモミールといった植物の香りは非常にリラックスしやすいといわれています。ルームスプレータイプは、手軽に寝具や家具に吹きつけて使えるのでおすすめです」

関連記事

トピックス