• TOP
  • ライフ
  • 認識の違いか詐欺的行為か こんなインプラントはあり?

ライフ

2016.08.10 16:00  週刊ポスト

認識の違いか詐欺的行為か こんなインプラントはあり?

 筆者はこのクリニックについて、歯を残したいという患者の切実な願いを裏切った、背徳的な行為として捉えたが、異なる見解を示したのは大月氏と長崎氏である。大月氏はこう語った。

「患者の主張だけで報道するのは、偏っている印象を受けます。よくできている治療計画に見受けられますし、暴利ということもないように思います。

 週刊誌で断罪するのは、この歯科医師に対してもアンフェアーですし、本来の医療的観点からインプラントをすることが正しいであろう、と思われる患者が正しくない根拠から忌避することになれば、それも患者の利益になりません」

 長崎氏の言い方はこうだ。

「通常の歯科医療では10年もてば十分良かろうと。患者にとっては100万円、200万円を払って入れたものが一生保つと思っても、それを責められませんが、歯医者の側からみると、いまピンピンしてる人も10年後には白髪も増え、お腹も出て、目も見えなくなる。人それぞれ老化していく。そういうのを医療ミスだといわれても困ってしまう」

 このケースは、患者とクリニックの関係が継続していたので、クリニックを取材することは患者にとって不利益が生じる可能性が高いと判断した。

 一方、たとえ歯科医が妥当な治療法だと判断しても、莫大な費用を負担するのは患者本人。小林氏は治療計画に記された、ある言葉に疑問を呈した。

「一生歯を残す、という言葉はダメですよ。この歯科医は詐欺師だと言われても仕方がありません。だって、“一生”と書いてあれば、患者は安心してサインしちゃいますよ。確かにインプラントは虫歯にならない。でも歯周病にはなる。医者の根本の倫理観をなくしていますね」

 米畑氏も同様だ。

「医学的な観点でいうと、インプラントも歯周病みたいな状態になることがありますから、(治療計画で)歯周病から解放されますみたいな話はおかしいと。むしろ、そっちを突っ込みたくなります。

 まともな先生なら、なぜ歯を残すことが難しいのかを説明し、歯を残す根管治療とインプラントの両方の選択肢を示すはずです。本当に金儲けでやってる先生もいるので、疑問を感じたらセカンドオピニオンを受けることを勧めます」

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

関連記事

トピックス