国内

稲田朋美氏 男性人気の秘密は守ってあげたいキャラ

防衛大臣の稲田朋美氏

 東京に女性初となる小池百合子・知事が誕生し、内閣改造では稲田朋美氏が防衛大臣に、丸川珠代氏が五輪担当相に抜擢された。女性議員の比率が世界最低水準という問題がかねてから指摘されてきた日本で、彼女たちの存在感が増している。

 安倍晋三・首相の“秘蔵っ子”といわれ、自民党の出世レースで丸川氏を一歩リードするのが稲田氏だ。「選挙区のある福井名産のメガネと網タイツがトレードマーク。地元を大切にしているとアピールするために伊達メガネを手放さないことに象徴されるマメさが持ち味で、おじさんウケは抜群」(党関係者)だという。
 
“タカ派のプリンセス”との異名をとる稲田氏は初当選以来、毎年8月15日の終戦記念日に靖国神社を参拝することで知られる。「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」などと発言してきた。
 
 だが、党内で男性人気が高い秘密はコワモテ発言とは正反対の“守ってあげたいキャラ”にあるという。ベテラン政治部記者の話。
 
「稲田さんが党内の弟分の高鳥修一・代議士のパーティに出席した時、2人で君が代を唱う場面があった。ギターの弾き語りが趣味で歌が抜群にうまい高鳥さんに対して、稲田さんはたどたどしい音程だったが、けなげに最後まで歌い切ると会場はドッと沸いて万雷の拍手。これが彼女の持ち味。

 安倍首相にとっても、次期首相として帝王学を学ばせるというより、閣内に置いておけばホッとする癒やし系として目をかけている」

関連記事

トピックス

大学内のコンビニで買い物をされることもあるという(10月、東京・港区。写真/JMPA)
卒論提出間近の愛子さま、皇族の悲恋を描く『源氏物語』に夢中 不安定な登場人物に「親近感がある」と告白
女性セブン
永野の登場に泣き出すファンも多かった
永野芽郁の武道館イベント、坂口健太郎や斎藤工らがお忍び観覧 ビデオメッセージでは呼び捨て、兄妹みたいな“めいたろう”コンビ
女性セブン
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
検査入院したという神田正輝
《旅サラダの当面休養を発表》神田正輝、病院嫌いになった生命力への絶対的自信「谷底に落下」「血まみれから回復」
NEWSポストセブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
実は結婚していたNHK吉岡真央アナ
【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」
週刊ポスト
木本慎之介さんが語る
【独占インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かした“勝負服”「大事な場所に行くときは父の服を着ると決めています」
女性セブン
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
《楽天・安楽パワハラ騒動》遠征先で「女を呼べ!」 複数の現役選手らが決意の告白「あの人と野球をするのは限界だった」深夜の飲食店で後輩に大声で説教も
NEWSポストセブン
りんご園の責任者が取材に応じた
《茨城リンゴO157集団食中毒》農園の責任者らが語った本音「業務用カッターは夜通し消毒」「今年は出来が悪い」「1000人以上の来客があった」
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン