芸能

小林薫 アングラな役者が『深夜食堂』にはよく馴染む

『続・深夜食堂』に主演する小林薫

 小林薫(65)がマスターを務める『深夜食堂』は、実に静かな物語だ。原作は『ビッグコミックオリジナル』連載中、安倍夜郎の同名コミック。大袈裟な仕掛けはなく、豪華な俳優陣が出るわけでもなく、もちろん派手なアクションもない。しかも、低予算という足枷だけはずっとついてまわってきた。にもかかわらず、多くのファンを魅了してきた奇跡の作品なのだ。

 シリーズの出発点は、2009年10月にTBS系でスタートした深夜枠のドラマだった。小林が振り返る。

「『こんなに長く続くと思わなかったね』ってスタッフとも話しているんです。メイクさんをはじめ、スタッフはずっと同じでね。面白いドラマになった、とみんな感じていただろうけど、シリーズ化されるとか、長く仕事が続くと意識していた人はいなかったと思う。もしかして、うまくいけば1作くらい映画がつくれるかなあ、という感じでした」

 が、予想に反して、『深夜食堂』は、7年もの間、人々に支持され続ける。テレビドラマは3シリーズ、全30回にわたって放送され、現在新シリーズが、Netflix(ネットフリックス)で配信中だ。韓国と台湾でも現地版『深夜食堂』が制作された。そして、2015年に公開された映画に続き、11月5日、『続・深夜食堂』として最新作が公開される。

 低予算ゆえだろう、『深夜食堂』には、毎回スタッフたちの工夫と熱が存分に注がれている。ひとつの象徴は、フードスタイリスト・飯島奈美の料理だ。

『深夜食堂』の舞台は、真夜中の12時に開く、繁華街の路地裏にある「めしや」。メニューは豚汁定食と酒だけだが、ワケありの客たちが訪れては、「食べたい料理」をマスターにつくってもらい、心を癒して帰途につく。料理が物語の鍵を握るのだ。小林は、料理に込められた思いをこう語る。

「ある程度予算のあるドラマでも、リハーサル段階で用意した料理にラップかぶせて埃が入らないようにして、本番では冷めた状態で食べるんです。でも、飯島さんは、熱いものは熱い状態にと本番で差し替える。だから役者が美味しい、美味しいと食べる。そういう本質をおろそかにしないのが、飯島さんのこだわりなんですよ。だから、一度、あのカウンターで食べてみたい、1話だけでもいいから出演したいという役者がいるんでしょうね」

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン