• TOP
  • 芸能
  • NHKの「日活」特集 「テレビ表現の大きな一歩」との評

芸能

2016.11.24 16:00  週刊ポスト

NHKの「日活」特集 「テレビ表現の大きな一歩」との評

意欲的なドキュメンタリーだった(NHKホームページより)

「あのNHKが!」──画面の前で目を見開いた視聴者も多かっただろう。それほど画期的な番組だった。11月16日夜9時からNHKのBSプレミアムで放送された『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』。沢尻エリカがナビゲーターの硬派ドキュメンタリーだが、この日のテーマは「ロマンポルノという闘い 日活・どん底からの挑戦」だった。

 1971年からの17年間、日活ロマンポルノは「性」というテーマを扱う「ポルノ」でありながら、作品性の高い1100本もの映画を作った。また、後に映画『セーラー服と機関銃』を手がける映画プロデューサー・伊地智啓氏や、『リング』を監督する中田秀夫氏などの才能を育む土壌となった。

 しかし17年の間には、当局の介入など様々な波乱があった。その制作ヒストリーを「ロマンポルノの女王」と呼ばれた女優・白川和子らのインタビューとともに辿るのである。

 NHKがロマンポルノをテーマに番組を制作したことも驚きだが、より衝撃的だったのは、1970年代のロマンポルノの名作の濡れ場シーンをそのまま、バストトップも濃厚なからみも全部画面に映し出したことだ。

 たとえば1972年公開の『ラブ・ハンター 恋の狩人』(監督・山口清一郎)。公開から2か月で警視庁にわいせつ物として摘発され、フィルムが押収された問題作だ。同番組では、田中真理演じるヒロインがバストトップ丸出しで登場するシーンや、ヒロインの恋人の男性が全裸の女性たちと交わるシーンが紹介された。

 また、同じく1972年公開の『一条さゆり 濡れた欲情』(監督・神代辰巳)を紹介する際も、ストリッパーが乳房に塗りたくった泥を洗うシーンがそのままの形で流された。コラムニストの今井舞氏がいう。

「近年ではBPOなど各団体のクレームを恐れて、テレビ各局は女性の裸を映像にすることを自粛しています。しかし、今回はロマンポルノを『文化』と認めて放送を決断したのでしょう。NHKのBSプレミアムは独自の世界観をもって番組制作を続けるテレビ界の“結界”のようなもの。より不特定の視聴者層が見る地上波や民放では、まだまだ難しいかもしれませんが、テレビの表現において大きな一歩といえるでしょう」

※週刊ポスト2016年12月2日号

関連記事

トピックス