芸能

吉岡里帆 カフェで息抜き中の顔が友達に「やばい」と言われる

大活躍の吉岡里帆。12月にはミュージカルにも挑む

 民放の連続ドラマにレギュラー出演するようになったのは今年になってから…というのが信じられないほど、3クール連続で出演中。リクルートゼクシィのCMではキュートなウエディングドレス姿を披露して注目を集めるなど、今年を代表する新星女優といえばこの人しかいないだろう。12月には初のミュージカルに挑み、飛躍の年を締めくくろうとしている吉岡里帆(23才)の、仕事への思いと素顔とは――。

 連続テレビ小説『あさが来た』、宮藤官九郎脚本のドラマ『ゆとりですがなにか』への出演、リクルートゼクシィの9代目ガールなど話題には事欠かず、まさに駆け抜けてきた吉岡里帆。飛躍の一年だったのでは?

「1つ1つ、小さなことを積み重ねていこうという思いはデビュー当時から変わらないんですけど、いろいろなお仕事をいただけるようになったのは、まだ夢を見ているようで、実感もちゃんとした自信もないんです。でもスクリーンの向こう側の人が幸せな気持ちになれるような女優さんになりたいと、ずっと強く思い続けていようと心に決めた年でした。自覚が芽生えたのかもしれないですね」(吉岡・以下「」内同)

 周囲の反響を感じた出来事を尋ねると「“朝ドラ”に出ていた時に、街中で役名の宜ちゃんと呼ばれたんです。小学生くらいの女の子から『ゼクシィのCMに出ているかたですよね?』と声をかけられたことも、すごくうれしかったですね」とふんわりと笑う。放送中のドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』では初の医療ドラマに挑戦し、難解な医療用語が飛び交う現場で新たな役に向き合った。

「3か月がすごく短く感じて、とても素敵なチームだったので終わるのが単純に寂しいです。最初は医療用語がすごく難しくて、戸惑いと不安もありました。共演者の皆さんから学んだことがたくさんあるんです。1カットに対する集中力の差がハッキリあって、一緒に演じるのが恥ずかしいと思うくらい…。でも、すごく勉強になりました!」

 緊迫したシーンも多いが、カットがかかると和やかに談笑したり、現場のチームワークは抜群。グループLINEで頻繁に連絡を取り合う仲というのもうなずける。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン