• TOP
  • 芸能
  • 娘をがんで亡くしたキャシー中島「悲しみに浸ると楽なんです」

芸能

2016.12.06 16:00  女性セブン

娘をがんで亡くしたキャシー中島「悲しみに浸ると楽なんです」

子供の死をどう乗り越えたらいいのか…

 キャシー中島(64才)は、1969年に『レナウン』のCMでデビューし、モデルやタレントとして活躍。1979年に俳優の勝野洋(67才)と結婚し、1男2女をもうけた。長女の七奈美さん(享年29)と次女の雅奈恵(34才)は母の血を受け継いで1998年にペアで写真集を発売。その後七奈美さんはモデルやジュエリーデザイナーとして、雅奈恵は女優として才能を発揮する。

 そんな順風満帆な勝野家だったが、2009年2月、七奈美さんに肺がんが見つかり、同年7月7日にこの世を去ってしまう。あまりに突然だった娘の死からようやく7年たった今年の2月、今度は自身が皮膚がんになり、手術を受けた。

 がんで家族を亡くした人は、落ち込み、精神のバランスを崩しやすい。がん患者の遺族の3分の1がうつ病と診断されたという調査もある。キャシーも例外ではなかった。亡くなってすぐのことやお葬式のことは、覚えていないと言う。

「自己防衛なのかもしれません。半年くらいは、まだ娘がそこにいるような気がして、空虚感はあまりなかったんです。けれど、1年近く経つと、やっぱりいないんだという気持ちが出てきましたね」(キャシー・以下「」内同)

 それでも、止まっていられないと思い、前に進もうとした。

「悲しみの中に浸っていると、楽なんです。家でお姉ちゃんとずっと話していればいいんだから。だけど、お姉ちゃんが好きなのは、明るいママだから、何があっても前へ。子供たちも、お姉ちゃんから人生は一度きりだと学んだ、やり残したことがあってはいけないと言って、亡くなった1年後に2人とも家を出て、パリに留学しました」

 キャシーは自らを奮い立たせるように、明るい色の洋服を着て、精力的に仕事をこなすようになる。「娘さんを亡くしたばかりなのにあんな色の服を着て歩けるのね」と心ない言葉をかける人もいたが、それでも明るく振る舞った。

関連記事

トピックス