ライフ

『この世界の片隅に』 なぜ監督はそんなに優しいのか聞いた

「なぜ監督はそんなに優しいんですか」という私の問いに、監督は「僕はね、そっち側なんだなという自覚があるんですよ」と返した。「そっち側」というのは、理不尽や暴力を受ける側の人々である。そしてそれに決して屈しない人々の側でもある。

「仕事に恵まれず、地べたに近いところにいたから、高所から物を見るのは向いてないんです(笑)」

 製作段階は長い道のりだったという。第一段階としてまず5分間のパイロットフィルム完成に必要な製作費2000万円を目標に、日本史上初のクラウドファンディングによる支援者募集を行う。結果、計3374人の支援者から3622万円を集めた。足掛け6年を経て日の目を見た本作は、その製作過程のユニークさひとつとっても、日本アニメ史上の分水嶺になろう。

 ふたつ自慢を書く。ひとつは監督と私は7年前に一度面識がある。監督の過去作『マイマイ新子と千年の魔法』(2009年)の私設応援団の末席にいた当時一介のアニメブロガーに過ぎなかった私は、監督に恐る恐る名刺を渡したのだが、そのことを監督は覚えていて下さっていた。

 ふたつめは東京MX『モーニングクロス』にて、地上波ではほぼ初めて私がこの作品の本格的紹介をしたという事実だ。子々孫々までこの栄誉を伝えようと思う。映画のチラシには「100年先も伝えたい珠玉のアニメ」と謳い文句がある。ご謙遜だろう。100年どころか、この地球(ほし)に私たち人類が生き続ける限り、『この世界の片隅に』は不滅の光点となって、永遠(とわ)に輝き続ける。

 この冬、劇場で何を見ようか迷っている貴方。『この世界の片隅に』一択である。いますぐ。これは単にアニメとか映画を観る行為ではない。いま私たちは時を超え、主人公すずさんの生きた時代と地続きになる。

【プロフィール】ふるやつねひら1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『左翼も右翼もウソばかり』『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』。最新刊は『草食系のための対米自立論』。

※SAPIO2017年1月号

関連キーワード

関連記事

トピックス