芸能

テレ朝不倫アナカップル、同じハンドクリーム使用で疑われた

お揃いのハンドクリームを疑われた田中アナと加藤アナ(番組HPより)

 その夜は番組の打ち上げの食事会。一次会、二次会と終わって、時間は日付をまたぐ頃。一堂は三々五々に解散し、タクシーで帰途についた。

 女性は共演者と同乗したタクシーを自宅付近で降りたが、すぐにはマンションに入らない。周囲を歩いて回って、やっと建物に入ると自分の部屋とは別フロアの廊下から下をのぞき込む。プライベートに関心を持たれがちな人気女子アナにとっては特に変わった行動ではない。

 ちょうどその頃、男性も家族が待つ自宅マンションまで番組関係者とタクシーを走らせ、先に降りると同乗者を見送った。そこからだった。

 男性は別のタクシーに飛び乗ると、向かった先は件の女性のマンション、そしてお泊まり。この不倫カップルはこう思ったに違いない。打ち上げの席上でも細心の注意を払った。それに、別々に帰ったというカモフラージュは完璧なはず。それなのに、どうしてバレたの――。

 テレビ朝日『グッド!モーニング』に出演中の田中萌アナ(25才)と加藤泰平アナ(33才)の不倫交際が『週刊文春』(12月8日発売)で報じられた。百戦錬磨のベテラン週刊誌記者は、スクープの「ウラ」をこう読み解く。

「芸能人カップルでも、ここまで徹底するのは珍しい。深夜、別々のタクシーに乗ってそれぞれの自宅方面に走り去ったとなれば、男女の関係を疑う余地はないはず。それでも文春の記者がふたりの姿を追い続けたのは、不倫関係にあるという確実な情報がふたりの身近なところから漏れていたからでしょう」

 テレ朝関係者が明かす。

「確かに、ふたりが交際していることは管理職や局の上層部にはバレてなかったと思います。報道が出てから、“なんでこんな重大な問題を報告しなかったんだ!”って怒り心頭でしたから。でも、現場レベルの若手や、ふたりと同年代の20~30代のスタッフの中には“なんとなく怪しい”と感じていた人も多かったんです。噂が立ち始めたのは2016年の春頃。ふたりの距離が妙に近いと思うことが多くて。打ち上げの席で気づくと隣に座ってる、みたいな」

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン