芸能

タモリ「好きな国を見せておきたい」と正月に妻とアジア旅行

紅白を終え念願の夫婦旅行に出かけたというタモリ

 32年間、平日の昼間に1時間の生放送番組を抱えていたタモリ(71才)の口癖は、「おれは香港より西に行ったことがない」だった。多忙すぎるゆえに、長年、宿泊を伴う旅行はしたくてもできなかったのだ。それは長年連れ添っている愛妻A子さん(74才)も同じ。結婚生活47年間で、国内の夫婦旅行でさえ数えるほどしか行ったことがなかったという。

 だが、今ようやく、ゆったりとした夫婦の時間がとれるようになった。「妻を連れて行って見せたい景色があるんです」──。タモリとA子さんは正月早々、東アジア、そして香港を巡る約2週間の旅路についた。

 昨年大晦日のNHKの紅白歌合戦には、「ふるさと審査員」としてマツコ・デラックスとともにゲスト出演したタモリ。終始、舞台裏を歩き回り、ステージ上に一度も登場しないという演出で、大晦日のお茶の間を沸かせた。

 その数日後のことだ。国際線のカウンターに姿を見せたのは大きなスーツケースを抱えるタモリ。その隣にはA子さんがいた。タモリを知る関係者が打ち明ける。

「実はタモさん、紅白が終わってからすぐ奥さんと一緒に海外旅行に旅立ったんです。何でも、インドネシアのバリ島、中国の香港、そして台湾あたりを回ったそうです。年齢的なこともあると思いますが、どうも奥さんの体調が思わしくないようで。海外など遠くに旅行するならば、今のうちにふたりで行きたいところに、ということだったようですよ」

 1982年10月には、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)と『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)の放送が始まった。30代後半になってスターダムを駆け上がる遅咲きの夫を妻は陰から支え続けた。

「当時、A子さんはタモリさんの個人事務所の社長を務め、お金の管理など裏方の仕事をすべてこなしました。タモリさんが番組に集中できたのも、すべてA子さんが夫に尽くしたからです」(A子さんの知人)

 だが、仕事が忙しくなるほど、夫婦で過ごす時間は減っていった。

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン