国際情報

人類初の「頭部切断・他人の身体に移植」手術は成功するか

◆犬とマウスで脳神経の結合に成功

 これについても、カナベーロ博士は自信を見せている。すでに韓国、中国、米国の研究者らとともに脊髄を取り付ける方法を見つけ、昨年の初めには犬の手術で90%の脊髄を脳の神経繊維と結合させたことを、英科学雑誌『ニュー・サイエンティスト』で報告。また、マウスの実験では、その技術によって50%が成功したという。カナベーロ博士はこの結果に「われわれの道が正しいことを約束するものである」と語っている。

 以前英国の生物医学老年病学者が「老化の解明と克服により人間の寿命は1000歳以上になる」との学説を発表し話題になった。頭部移植手術の成功は「寿命1000年」を実現するための革新的な出来事になるかもしれない。

 英ガーディアン紙のインタビューによると、博士は一昨年2月には長年勤めてきたトリノの病院から雇用契約を打ち切られた。その後、中国のハルビン工業大学とハルビン医科大学が研究を支援。後者はかつてマウスの頭部移植実験を行い、1日とはいえ体を動かすことに成功した実績がある。そのサポートにより手術実施への目処がついた。手術には150人もの医療スタッフと1500万ユーロ(約18億4000万円)もの費用が必要だが、カナベーロ博士は今年12月の実施を目指しているという。

 手術後、患者は3~4週間ほど昏睡状態におかれ、電気刺激によって神経の接合を促進される。意識を回復した後は集中的なリハビリを行い、1年程度で歩行も可能になる予定だ。

 カナベーロ博士が同紙に「月面着陸をはるかに超える偉業になる」と語るとおり、患者の手足が動いた瞬間に、全世界が騒然となることは間違いないだろう。

 医学博士の中原英臣氏は、頭部移植の技術が確立された場合の問題を危惧する。

「『人権や人格は頭部の人間、胴体の人間のどちらのものか』、などの『人間とは何か』という根源的な問題が発生します。また高額な費用により技術を、権力者や富裕層が占有するかもしれません。頭部移植はこれまでの倫理を超越する問題です。医学はそこまで必要なのか、どこまでを限界とするかを真剣に考えたほうがいいのかもしれません」

 カナベーロ博士は倫理的な問題についてカナダ紙の取材に「毎日、ただただ死にゆく患者がいる。私がやらねばどうなりますか」と答えた。

 固唾を呑んで、朗報を待ちたい。

※SAPIO2017年2月号

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン