• TOP
  • 芸能
  • 嶋大輔 芸能界復帰し「何が男の勲章だ」と言われ落ち込む

芸能

2017.01.24 07:00  NEWSポストセブン

嶋大輔 芸能界復帰し「何が男の勲章だ」と言われ落ち込む

政治家転身…その後、撤回なぜ? 嶋大輔が語る

『男の勲章』の大ヒットで知られる歌手・俳優の嶋大輔(52才)が、世間を騒がせたのは約4年前のことだ。突如、政治家への転身を表明し、芸能界引退宣言まで行った。ところが、それからわずか数週間で参議院議員選挙の出馬を断念した。なぜ政治家を志しながら、急転直下、断念するに至ったのか――嶋が舞台裏を語った。

――2013年4月の芸能界引退会見、驚きました。

嶋:参院選に出馬するために引退しました。知人に政治家の秘書がいて「一緒にやってみないか」と誘われたのがきっかけです。ぼくはかねてから、学校でのいじめを減らしたいと考えていたんです。完全になくすことはできなくても、法律を作ることによって、今よりも少なくすることは可能だと思ったんですね。

――どんな法律を作りたかった?

嶋:学校には用務員さんがいますよね。先生には言えない悩みも、用務員さんになら気軽に相談できる。ぼくの学生時代には、そういうこともあったんです。だから教室に1人、用務員さんのような相談役の人がいるだけでも、いじめは減らせるんじゃないかと思ったんです。今“アスリートファースト”って言葉が流行っていますけど、学校では“生徒ファースト”にしたかった。

 ぼくはいじめられたし、いじめもしました。両方を知っているので、ぼくならできると思ったんです。ぼくは不器用なので、選挙は二足のわらじを履いてできるものではないと思って、芸能界を引退しました。その時は芸能界に戻らない覚悟で挑みました。

――それなのに、なぜ断念することになったんですか?

嶋:引退から約2週間です。「雲行きが怪しいよ」と、ある政治家さんから電話をもらって、「えっ、そんなことがあるの?」というところから、あれよあれよといううちに、今回は(自民党の公認)見送りと。言えない話もあるのですが…。

 天変地異というのは、このことをいうんだなって思いました。何が起きているのかわからなかったです、最初。それは自分の不徳の致すところで、いただいた話を全部信じてしまった自分がいけなかった。そこに辿り着くんですけども。

関連記事

トピックス