• TOP
  • 国際情報
  • 「仏像返そう」韓国メディアが突然まともになるも慣れぬ文章

国際情報

2017.02.08 11:00  週刊ポスト

「仏像返そう」韓国メディアが突然まともになるも慣れぬ文章

 日本政府が在韓大使を一時召還する原因となった釜山市の日本総領事館前の慰安婦像設置について、朝鮮日報はこんな報道をした。

 1月7日付の同紙では、この問題を取り上げ、日韓関係は経済や民間分野で深い結び付きがある一方で、歴史問題で対立が続く〈複雑な関係〉であるとし、こう報じた。

〈日本との複雑な関係を「親日か反日か」といった単細胞的な観点からしか考えられないとなれば、冷静かつ常に用意周到に立ち回る日本人と渡り合うことなど到底できない〉

 気持ち悪いほどまともなのである。韓国メディアのお家芸である反日報道は、どこにいったのか。産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘氏が、突然の“まともな報道”の謎を解き明かす。

「朴槿恵大統領の一連の弾劾騒動で、韓国の政治機能は停止。対米では、トランプ新大統領への対応に乗り遅れ、対中では、韓国がTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備を決めたこともあり、全ての軍事交流が中断。そんな中、日本が日韓通貨スワップ協定の協議中断を表明し、駐韓大使の一時帰国も長期化していることで、外交が三方塞がりになっているのです。

 特に日本の強硬な対応に韓国国内は戸惑っています。“これ以上、日本を怒らせるな”という雰囲気が政府やメディアにあるため、反日報道にブレーキがかかっているのでしょう」

 韓国人ジャーナリストの河鐘基氏もこう言う。

「最近、この手の記事が目立つようになったが、書き慣れていないせいか、何が言いたいのかわからないものが多い。やたらと長文でまどろっこしいのです。本当は分かりやすい反日報道がしたいのに、一方で日本との関係も考慮しなければならない。そんなジレンマを感じます」

※週刊ポスト2017年2月17日号

関連記事

トピックス