スポーツ

米国も泣いた「大谷翔平辞退」 WBCの存続議論に拍車

大会最大の目玉だった

 その報せは日本のみならず米国の野球関係者も落胆させた。WBCの創設会見から取材するMLBアナリストの古内義明氏が指摘する。

 * * *
 アリゾナ州ピオリア。その日、大谷翔平がどんな言葉を発するのか、注目が集まっていた。

「(代表の)ユニホームを着てプレーしたいというのはすごくあったし、そういう特別な大会。期待してもらったのに、応えることができないのが申し訳ない」

 この一報は、多くの全米のスポーツメディアが取り上げるニュースとなった。中でも、アメリカで一番の人気を誇る『スポーツイラストレイテッド』誌(電子版)は、「今大会で一番の注目選手」「近い将来、メジャーでプレイするかどうか不透明となった」と、出場辞退を残念がりながらも、このケガが彼の未来にどんな影響を及ぼすかまで分析していた──。

 時計の針を2005年まで戻す。ミシガン州デトロイトの郊外にある高級ホテルのバンケットルーム。バド・セリグ前コミッショナーは、「ベースボールの国際化」を高々と宣言し、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の創設を宣言した。

 その声を会見場で確かに聞いたが、これは単なる建前に過ぎなかった。この当時、MLB機構はITに特化した子会社MLBアドバンスメディアを筆頭に、急激に売り上げを伸ばし、拡大路線を歩んでいた。そこで、次の新規事業として、WBCというビジネススキームを構築し、その運営会社として、MLB機構と選手会が手を組んでWBCインク社を立ち上げ、子会社化した。

 WBCで得られる放映権、チケット、スポンサー、飲食、マーチャンダイジングなどの収益は独占的にWBCインク社が一括管理し、参加国や優勝国には決められたパーセンテージによって利益が配分される仕組みだ。すべてのリスクを負っているとは言え、実質的にMLB機構の一つの事業に過ぎず、国際サッカー連盟が主催するワールドカップとはその構造で大きく違うのがWBCだ。

 北米の野球ファンにとって、最高の舞台はWBCではなくワールドシリーズ。これは現時点でも1ミリも変わっていない。2006年の第1回大会はメジャーのキャンプ地であるアリゾナで1次ラウンドが開催されたが、約5万人収容のチェースフィールドは閑古鳥が鳴き、シカゴ・カブスやサンフランシスコ・ジャイアンツのキャンプ地は満員の観衆が詰めかけ、現場で取材した身としては各国の代表チームには酷に映った。ファンの興味という点でも、現在までも特段の変化はなく、日本の盛り上がると比ぶべくもない。

 逆風の中、MLB機構にとって、日本代表の活躍と思い入れは、唯一の希望の星だった。西海岸在住の日系コミュニティの興味を喚起し、観客動員に結び付けた。特に、日韓戦はWBC唯一のドル箱カードと言っていいほど両国のナショナリズムを刺激する一戦に成長。野球中継が低迷する中、視聴率40%越えのキラーコンテンツとなったWBC中継は日本の国内スポンサー獲得を容易にし、侍ジャパン創設の礎になった。

 対照的なのは、アメリカ国内だ。昨年、アメリカのメディアがWBCの存続危機について報道したが、MLB機構内では、その存続については度々議論されてきたという。その一番大きな理由が、アメリカ代表が過去3大会で一度も優勝できなかった体たらくぶりだ。これはMLB機構の中枢部にとってもかなり大きな誤算だった。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン