芸能

石田純一が明かす、元妻・松原千明「死にたい」発言の真相

元妻の「死にたい」発言の真相を石田純一が語る

 自宅から出てきた石田純一(63才)は、本誌記者の問いかけに表情を曇らせた。「どこでそんな話を?」──。尋ねたのは、前妻・松原千明(58才)を巡る“ある騒動”について。「…わかりました。1つだけお話しいたします。確かに、彼女には不安定な部分はありました」。神妙な顔つきで石田が明かしたのは、松原の抱える深い闇だった。

 2月上旬の羽田空港。ハワイからの到着便に、ストレートヘアをなびかせて颯爽と歩く長身美女の姿があった。石田の長女、すみれ(26才)である。

 彼女は昨年10月以来、事実上の休業状態に陥っていた。さまざまな憶測が飛んだが、原因の1つは、同8月、すみれがSNSにアップしたひと言にあったという。

「ジャスティン・ビーバー(22才)の来日コンサートに行った際、『やる気のなさ』『口パク』といった言葉をインスタグラムに書き込んだんです。これを見たファンが怒り、すみれさんを非難するコメントが殺到しました。当時、多忙な日常に心身が疲弊していたこともあり、追い打ちをかけるような過激な言葉は精神的に耐えられなかった。彼女はもともと感受性が豊かで、人にどう見られているかをすごく気にする性格なんです」(芸能関係者)

 石田も『週刊新潮』で、この炎上事件が休業の一端だったことを認めており、《しばらくネットの見られる環境から離れて、のんびりするように勧めた》と話している。石田の助言通り、すみれは松原の住むハワイに帰り、4か月の休養生活を送っていた。今回のすみれの日本帰国について、別の芸能関係者が説明する。

「CMの撮影があったそうです。やっと仕事ができるほど精神的に落ち着いたみたいですね。むしろ問題は、お母さんの方ですよ。すみれさんの本格復帰の鍵は、松原さんにあるんです」

 すみれの傷心と再生の裏で、松原もまた闘っていたことを知る人間は少ない。

◆おかしくなっていたのは事実です

 1999年に石田と離婚し、ハワイに移住した松原とすみれ。松原は直後に現地の語学学校教師だった男性と恋に落ち、入籍せぬまま妊娠。ワイドショーを沸かせた。

 長男(16才)を出産後、2001年にふたりは正式に結婚。家族4人の生活をスタートさせた。しかし、「今度こそ幸せな家庭を築きたい」という松原の願いとは裏腹に、夫婦間には溝が生まれていった。

「彼はいつの間にか仕事を辞め、石田さんからすみれさんに支払われていた月額100万円を超える養育費を無心するようになったそうです。加えて、女癖の悪さも見えてきたといいます」(松原の知人)

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン