• TOP
  • 芸能
  • 石田純一が明かす、元妻・松原千明「死にたい」発言の真相

芸能

2017.02.16 07:00  女性セブン

石田純一が明かす、元妻・松原千明「死にたい」発言の真相

 本誌・女性セブンの取材でも、「その話は聞いたことがある」と証言する人間は複数いた。すみれの休業の裏で、松原に何が起きていたのか。2月上旬のある朝、本誌は石田に話を聞いた。

──松原さんがハワイで自殺未遂をしたと聞きました。
「いえいえ、それはちょっと違うんです。彼女が一時“私なんか死んだらいいんだわ!”と言って、おかしくなっていたのは事実です。まぁ、その時はいろいろとありました。でも自殺未遂という話ではありません。誇張されて広がったんでしょうね」

──「いろいろ」というのは具体的に何が?
「子供と大きなけんかをしたみたいです。その時、突発的に“私なんていらない存在なんでしょ!”“死んだ方がいいのよ!”という強い言葉が出てしまった、と」

──子供とは、すみれさんのことですか?
「まぁ、親子間のけんかということです。子供たちにとって、自分はいらない存在なんだと思い込んでしまった」

──けんかの原因はなんだったのでしょうか?
「うーん…。でも親子ならあるでしょう。そういうことは」

 そこまで話すと、石田は車に乗り込んだ。すみれを知る芸能関係者が語る。

「わが子に安らぎを求める母親を、時には重荷に感じてしまうこともあったのかもしれません。でも、松原さんの不安定な様子を目の当たりにして、すみれさんはハワイを離れるわけにはいかなくなった。休業が長引いた理由は、すみれさん自身の精神面以上に、“母を見守りたい”という娘としての気持ちもあったのだと思います」

 現在、すみれと松原の関係は改善しており、今回のすみれの来日には松原も同伴していたという。

「松原さんは出版予定の本の打ち合わせだと言っていましたが、すみれさんと日本で過ごす日々は楽しそうでした。母娘で食べ歩いて、買い物にも一緒に行っているそうです」(すみれの知人)

 松原は今月18日、59才の誕生日を迎える。

※女性セブン2017年3月2日号

関連記事

トピックス