• TOP
  • 国内
  • 癌と戦った鈴木宗男氏「北方領土問題前進させずに死ねるか」

国内

2017.02.17 07:00  週刊ポスト

癌と戦った鈴木宗男氏「北方領土問題前進させずに死ねるか」

自身のがん体験を語る鈴木宗男氏

 医療の進歩により、がんになった後も以前と変わらぬ人生を送れる人が増えている。ところが依然として、世に出てくる闘病記は暗く過酷なものばかり。もっと明るく、あっけらかんと語ったっていいではないか。過去に胃がんと食道がんが見つかった政治家の鈴木宗男氏(69)はこう語る。

「がんと戦う日々を苦とも思わなかったのは、政治家としての使命感があったからです。“生涯政治家”を自負する私のライフワークが北方領土問題。“がんに負けて北方領土問題を前進させずに死ねるか”との思いが、がんを克服する原動力となった」

 そう話す鈴木宗男氏にとって、この15年ほどの出来事は、天国から地獄へと往復するジェットコースターのような日々だった。人間ドックを受診した際に胃がんが見つかったのは2003年9月。あっせん収賄罪などの容疑で逮捕され【※注】437日におよぶ勾留直後のことだった。

【※注/北海道開発局の工事や林野庁の行政処分をめぐり、不正に口利きした見返りに業者から現金を受け取ったとして、受託収賄やあっせん収賄など4つの罪に問われた汚職事件。2010年9月、懲役2年、追徴金1100万円の刑が確定。鈴木氏はいまだに冤罪を主張している】

「主治医から“悪性のスキルス胃がんで転移の可能性がある”と告げられ、“もう人生が終わった”と思い、ただ涙が出てきた。当時は55歳。政治家としては“もうダメかもしれない”と思ってしまったんですね」

 約5時間にわたる手術で胃の3分の2を摘出。幸い転移はなく、抗がん剤治療も不要だったという。手術の2週間後には、開腹手術の跡も生々しく残り、背筋を伸ばして歩くこともできないなか、「予後にいい」と聞いた温泉巡りに出た。

関連記事

トピックス