芸能

難関校合格の芦田愛菜 子役はバカじゃないと証明したかった

見事、最難関校に合格した愛菜ちゃん

 都内にある最難関の名門女子中学校に合格した芦田愛菜(12才)。「三当四落」とは中学受験界の金言。意味するところは、「受験勉強を小学3年生から始めた子は合格し、4年生からの子は落ちる」。芸能界が誇る天才児はというと、6年生の夏休みから本格的に始めて日本最高峰の名門女子中に合格。脱帽である。

 愛菜ちゃんは、小学生になった頃にはすでに天才少女と評され、仕事のオファーが殺到する一方で、学校で学べる時間はどんどん減っていく。

「愛菜ちゃんは都内の地元の公立小学校に通っていました。3、4年生ぐらいが多忙のピークで、登校できるのは日に1、2時間ぐらいという日が続いたそうです」(芸能記者)

 愛菜ちゃんは収録現場に本だけではなく、ドリルや勉強用具を持ち込むようになった。一時期、愛菜ちゃんは「撮影の間に声をかけにくい“難しい子”」と報じられたこともあったが、そこには彼女なりの事情がある。

「愛菜ちゃんとお母さんの楽屋は子供がいる部屋とは思えないほど静かです。それは、いつも彼女が本を読んでいるか、ドリルやプリントをやっているから。彼女が何かに没頭しているときの集中力には鬼気迫るものがあって、声をかけられないほどなんです。実際に学校に行く時間が限られているハードスケジュールの中では、読書で培った集中力を発揮して、短い時間の中で勉強をこなしていたんでしょうね」(芸能関係者)

 小学6年生になると、多忙だった女優業をセーブして猛勉強を始めた。

「大手の中学受験予備校に通い始めました。本格的なスタートは小6の夏という、遅れて受験対策を始めた愛菜ちゃんでしたが、その時点でも成績は優秀。試験を受けて合格した子しか入れない週に1回の志望校別の特別クラスの中でも、特に成績上位者しか入れないトップクラスに合格、授業を受けていました。夏期講習、夏期合宿、冬期講習を受け、彼女の志望校の受験対策のプロといわれるカリスマ講師につき、1日12時間もの勉強をこなしました」(受験関係者)

 愛菜ちゃんは成績優秀者が集まる最難関女子校のためのコースの中でトップのクラスの座を守り続けたという。

「愛菜ちゃんは白衣を着る職業に憧れがあり、“女優じゃなければ医者や科学者、研究者になりたい”という夢があるようです」(前出・芸能関係者)

 彼女の受験突破に向かった強いモチベーションはそれだけではないようだ。約7年前の愛菜ちゃんのセンセーショナルな登場以降、子役の世界も百花繚乱で、才能のある多くの子供が芸能の道を志すようになった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト