芸能

幸福の科学、創価学会、統一教会 芸能人信者の扱いなぜ違う

出家宣言をした清水富美加

 女優・清水富美加(22)の幸福の科学への「出家騒動」は、芸能関係者を震撼させた。収録済みだった映画やドラマの配給会社、契約中のCMスポンサー、広告代理店などの関係者は対応に奔走。こうした芸能人の信仰を巡っては、過去にも数々の騒動が起きてきた一方で、なぜか信仰を守りながら芸能活動を続けられるタレントもいる。一体、“この世界”には、宗教を巡るどんな「掟」があるのか──。

〈これだけ騒ぎになった以上、きちっとみんなの前で話をしなくてはならない。(中略)事務所は、テレビ局、雑誌社、様々なところからの問い合わせで混乱をきたしていた。古くからお世話になっている芸能マネージャーからも、私を心配する連絡が入っているという。

「記者会見だけはするな。信仰は本人の自由なんだから、する必要がない。もし、記者会見をすれば、芸能界で生きられなくなる」という話だった〉

──その胸中をこう綴ったのは、25年前の1992年、統一教会(世界基督教統一神霊教会、2015年から「世界平和統一家庭連合」に改称)の創始者・文鮮明氏が司式する「合同結婚式」に参加した元新体操選手の山崎浩子(57)だ(『愛が偽りに終わるとき』、1994年刊)。

 1984年のロス五輪8位入賞という成績を残し、新体操ブームの火付け役となった山崎だったが、入信を報じられると〈講演や仕事の数も極端に減っていった〉(前掲書より)といい、日に日に経済的な苦しさが増していったとも書き残している。

 家族の説得もあり、山崎は翌年に脱会。後にフェアリージャパンの強化本部長を務めるなど新体操界に復帰を果たしている。

 かくも芸能界の「宗教」への反応は過敏だ。山崎が脱会によって表舞台に復帰したのと対照的なのが、1970年代にトップアイドルとして人気を集めた元女優・歌手の桜田淳子(58)だ。

 山崎と同じ1992年の合同結婚式に参加した後、翌年公開の映画『お引越し』を最後に芸能活動を休止していた。4月には東京・銀座の映画音楽イベントのステージで“一夜限りの復活”があると報じられているが、スポットライトの当たる場所からは長く姿を消していた。

 山崎や桜田の結婚式がメディアの注目を浴びたのは、当時の統一教会がすでに献金の返還や脱会を巡って元信者との間に訴訟を抱えており、社会問題化していたという背景がある。

 一方で、「芸能人」でなければ、“入信によってたちまち仕事を失う”という事態になったとは考えにくい。

 これは「イメージ」を商売道具にするタレントならではの特殊な事情だ。幸福の科学への出家騒動で連日メディアを騒がせる女優・清水富美加にしても、「事務所と契約を巡って揉めてしまったこともあるが、それに加えて特定の宗教団体のイメージが定着してしまった彼女を今後、映像作品やCMに起用するところが出てくるとは思えない」(キー局関係者)とみられている。

関連記事

トピックス

中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン