芸能

妻・田中裕子と仲睦まじい沢田研二 家事手伝いゴミ出しも担当

率先して家事を手伝いゴミ出しも担当

 1960年代、中性的な美貌で日本中の女性を熱狂させたジュリーも、今や高齢者。白髪が頭を覆い、ポッコリとお腹も出てきた。それでも、ファンは彼の歌を求めてやまない。当たり前の日常を一変させた大震災を経て、メッセージソングに命を賭けるジュリーの咆哮が、私たちの心を強く打つ。

 3月11日、沢田研二(68才)が新アルバムを発売した。タイトルは『ISONOMIA』。反原発を訴える歌だ。リスクは承知の上で「言いたいことを言う」という姿勢を貫き、吠え続けるジュリーを最も近くで支えているのが、妻の田中裕子(61才)である。

 横浜市内の自宅周辺では、夫婦の姿がよく見られていた。

「朝おふたりで散歩されたり、ジュリーさんが外出する時は必ず田中さんがお見送りに出てきます。

 逆に田中さんが出かける時も、ジュリーさんが玄関まで出てきてね。本当に仲良し。ふたりで中華街に行くことも多いです。お子さんがいないからか、夫婦の時間が多いんですね。

 ジュリーさんは家事も率先して手伝う方で、ゴミ出しは彼の仕事です。太っちゃったから、彼だと気づかない人もいるけど(笑い)」(近隣住人)

 行きつけのそば店でも、夫婦はいつも一緒。

「ジュリーは、まぁよく飲むんですわ。ホタルイカの干物をつまみに日本酒をきゅーっと。田中さんはそんなジュリーを隣でニコニコと見ている。円満夫婦だなぁと感心します」(常連客)

 1989年に沢田と結婚して以降、田中の仕事は途切れていない。映画『ホタル』や『いつか読書する日』など名作に恵まれ、2015年にはNHK朝ドラ『まれ』で4回目の朝ドラ出演を果たしている。

 多忙な日常の中で、田中もまたジュリーに救われていたのかもしれない。過去、彼女はインタビューでこう話していた。

《結婚して良かったと思いますね。独身でいるのと、両方やってみられたら一番いいんでしょうが(笑)。多分結婚しないでこういう仕事をしていたらしんどかったと思います。背負う荷物も、一人だと大変ですが、結構助けてもらっていると思います》

 2月末、本誌は自宅からふらりと出てきたジュリーに話を聞いた。

──正月ライブが今年も大盛況でしたね。

「んああ?」

 ──原発問題も精力的に発言されています。

「全然、なんのこっちゃわからねえ」

──メディアには今後も出ないのですか?

「どうでもいいよ。もういいだろ」

 迎えた3月11日。かつて列島が揺れた2時46分の少し前、ジュリーはだぼだぼのデニムにジャケット、お腹の目立つタートルネックを着て、ひとり車で外出した。

※女性セブン2017年3月30日・4月6日号

関連記事

トピックス

財産分与が発生するのか(写真/AFLO)
羽生結弦、105日離婚の元妻が財産分与で推定2億円超を手にする可能性も 「婚姻期間の収入」が対象
女性セブン
息子は二宮和也(40才)の第2子と同級生の相葉雅紀
相葉雅紀「高級レストランで1才息子が号泣」の大ピンチ 周囲に頭を下げながら外に出て子をあやすファインプレー
女性セブン
楽天から1位指名を受けた直後の安樂。恩師の上甲監督の遺影を持参していた(撮影 藤岡雅樹)
楽天・安樂智大は「いい子すぎる」「親の躾がよかった」 済美・上甲監督が口にした評価とその後の10年での変貌の理由
NEWSポストセブン
世襲の3議員に政治資金問題が浮上
岸田内閣“世襲女性大臣”は政治資金問題だらけ 加藤鮎子氏は母に家賃、自見英子氏は父に献金、土屋品子氏は家政婦を第一秘書に
週刊ポスト
深田恭子と杉本会長(時事通信フォト)
《結婚目前で破局》深田恭子の交際相手が購入していた「平均販売価格20億円の超高級レジデンス」と「ハリー・ウィンストンの指輪」
NEWSポストセブン
イケメンを“お持ち帰り”した王林
王林に初ロマンス カラオケバーで意気投合した男性歌手を“お持ち帰り”、グイグイ引っ張りホテルへ
女性セブン
「KANA-BOON」のドラム担当の小泉貴裕(こいちゃん)
《ほんまに俺の子?》「KANA-BOON」ドラム担当が20代アイドルと妊娠・中絶トラブル 結婚ほのめかしながら交際、最後は「事務所が認めてくれない」
NEWSポストセブン
X JAPANメンバーが揃うことはもうない
「Toshlは自分だけが不参加だったことを翌日の報道で知った」YOSHIKI発起人のHEATHさんお別れ会の裏側
女性セブン
深田恭子(時事通信フォト)
《ハートどら焼きも》深田恭子、“二股”疑惑の演出家A氏がインスタに投稿していた生々しい「匂わせ画像」の数々
NEWSポストセブン
歌手活動を無期限休止中の氷川きよし
《姿を消した氷川きよしの今》歌手活動の無期限休止から1年、カジュアルコーデで現れた意外な場所「外国でいろいろチャレンジしたい」と海外志向も
NEWSポストセブン
羽生結弦(時事通信フォト)
【羽生結弦「105日間の新婚生活」の真相】母親はお相手を“完無視”か、“追い出し部屋”と化していた愛の巣
女性セブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン