• TOP
  • 芸能
  • イモト、ブルゾン、ノラも ナベプロ所属ピン芸人の強み

芸能

2017.03.27 07:00  NEWSポストセブン

イモト、ブルゾン、ノラも ナベプロ所属ピン芸人の強み

ブレイク中のブルゾンちえみもナベプロ

 ブルゾンちえみ、平野ノラ、サンシャイン池崎など、人気のピン芸人を次々と生み出し、まさに「台風の目」となっているお笑い事務所がある。そこにはさらに、イモトアヤコや厚切りジェイソン、あばれる君、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に不定期出演しているハイテンション女芸人・森山あすかも在籍。その事務所は「ワタナベエンターテインメント」だ。続々とスターダムに駆け上がる“ナベプロピン芸人”の強みはどこにあるのか。

 特徴のひとつが「芸歴の浅さ」。つまり彼らは即戦力となりうる人材だということだ。ブルゾンちえみは芸歴2年目だし、イモトが『イッテQ!』のレギュラーになったのは芸歴1年目のとき。そのイモトに憧れて同じナベプロに入った森山あすかも、芸歴3か月のときに番組の新人オーディションで選ばれている。
 
 2015年、厚切りジェイソンがピン芸人日本一決定戦『R-1ぐらんぷり』決勝に進んだのは、芸歴わずか4か月のことだった。

 ロバート・秋山竜次のモノマネで注目を集める若手女芸人・丸山礼は昨年3月、芸人養成学校「ワタナベコメディスクール」の卒業と同時に、日本テレビの情報番組『PON!』のレポーターに抜擢。つまりは芸歴0か月ということだ。

 芸能界屈指の芸人数を誇る吉本興業には芸人が6000人いるとも言われている。それに比べれば数が少ないナベプロは、競いあう分母が少ないというのは現実的な利点としてあるだろうし、マネージメント側としても1人の人材育成に力を注ぎすやい。

◆一発で覚えてもらいやすい「デフォルメの強さ」

関連記事

トピックス