• TOP
  • 国内
  • 兼業主婦の「ワンオペレーション」状態は47.3%

国内

2017.04.02 16:00  女性セブン

兼業主婦の「ワンオペレーション」状態は47.3%

兼業主婦の約5割が孤軍奮闘状態(写真/アフロ)

 兼業主婦にとって朝と夜の6~9時は戦争だ。しかもそこに協力者はおらず、約半数が孤軍奮闘状態だということがアンケートから判明。夫はもちろん、自分の両親にすら頼れない現状に、みんなどう対処しているのか。全国20~70代の女性220人を対象としたアンケートの結果を紹介する。

 まず、「家事や育児の協力をしてくれる人は?」の質問に対して、1位「いない」が47.3%となった。2位は夫・パートナー(35%)、3位自分の両親(15.5%)となった。

 5割近くが家事&育児を1人で行い、夫はもちろん、自分の両親にすら頼めない状態に。頼れるのはむしろ子供。「お手伝いできる子供に育てていて、今でも自分のことは自分でやるようにさせている」(40才・パート)といった意見が目についた。

「そもそも日本は先進国の中でいちばん求められる家事&育児の水準が高いんです」とは、社会学者の水無田気流さん。

「多少手を抜いて、ようやくグローバルスタンダードになるくらい。完璧な妻や母を目指して余裕をなくすくらいなら、多少水準を落として、家族の時間を大切にした方がいい。家事&育児のハードルを下げれば、夫も手伝いやすくなるはずです」(水無田さん)

 続いて、「誰の協力が一番頼れますか?」という質問。

 1位は、夫・パートナーで41.8%だった。2位は「いない」30.9%、3位は「自分の祖父母」15%となった。

 最も頼りになるのが夫という結果だが、「頼れるというより、他に手伝ってもらえる人がいない」(32才・会社員)というのが本音のよう。

 実の両親ですら「高齢だし毎日お願いするわけにいかず、奥の手としてとっておいている」(40才・パート)という意見が。

 助っ人がいないなら家事代行を頼りたいところだが、利用しづらいよう。

「日本には、“母親が時間と手間をかけなければ愛情ではない”という育児の定説があり、これに多くの女性が苦しんでいます。そもそも女性の家事労働がタダと思われている点が問題」(水無田さん)

 本来家事労働には対価が支払われるべき。そう考えれば、その対価を家事代行に払ってもいいはずなのだが…。

※女性セブン2017年4月13日号

関連記事

トピックス