昭恵さん自身、こうした生活を心から楽しんでいたと多くの人は口をそろえる。では夫婦仲は本当のところ、どうだったのか。過去のインタビューで昭恵さんはこんなホンネを語っている。

《政治家の夫婦って、一緒に外に出るときには仲の悪い素振りなんて見せられませんから外で仲のいいフリをしていると、いつの間にか実際にも仲良くなる》

 この通りの夫婦生活を安倍夫妻が続けてきたと語るのは、前出・昭恵さんの知人だ。

「子供のことなどの悩みはあっても、結婚生活はおおむね平穏でした。夫が疲れて帰宅すると酔っぱらった昭恵さんがフラダンスを踊りながら出迎えて、安倍首相が思わず噴き出すなど、微笑ましい結婚生活でした」

 だが現在、夫婦の間には明確な一線が引かれている。

 4月2日には山梨県富士河口湖町内のハンバーガー店で昼食をともにして報道陣の前に姿を見せた。

「昼食の後、夫妻は仲睦まじく車に乗り込んで山梨を後にし、東京・富ヶ谷の私邸に帰ったかのように思われていますが、実は帰り道にもう1台の車が用意されていて、昭恵さんはそちらに1人で乗り換えて自宅には帰らなかったそうです」(全国紙政治部記者)

 すでに夫婦間の会話はほとんどない。私邸でも寝室は別で、「最近は外遊先のホテルでも別々の部屋に泊まることが多い」(前出・政治部記者)という。

 結婚30年目で迎えた夫婦のどん詰まり。昭恵さんは、過去のインタビューで「主人と別れたら生きていけません」と述べている。

「昭恵さんの実家は資産家ですが、どうも折り合いがうまくいってないみたいです。資産公開を見ても昭恵さんの資産はゼロで、自ら開店した居酒屋の資金800万円は夫から借りています。“別れたら生きていけない”は彼女の本音かもしれません」(前出・昭恵さんの知人)

 安倍首相は、近しい人に離婚について問われ、こう答えたという。

「できることなら、もうしているよ」

 大逆風に吹きつけられ、安倍夫妻の“桜の花びら”は散る寸前である。

※女性セブン2017年4月30日号

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン