国内

しんぶん赤旗と聖教新聞 自民党ベテラン秘書が語る読み方

情報収集のプロはどう読む?(しんぶん赤旗のHPより)

 日本共産党の機関紙・しんぶん赤旗(113万部)と、創価学会の機関紙・聖教新聞(550万部)。ともに駅の売店やコンビニでは売られていないので、読んだことのない人も多いだろう。だが、情報のプロにとっては、この2紙は非常に重要な情報源となる。自民党のベテラン秘書が明かす。

「赤旗を読めば共産党が今どんなことで与党を批判しようとしているかがよくわかる。最近では、森友学園問題で共産党議員が批判の急先鋒になっていたため、赤旗も連日、追及キャンペーンを張っていた。問題の論点整理をするのに一番参考になった(笑い)。

 対して聖教新聞は、800万世帯を超える巨大教団の進むべき方針が示されている。国政選挙でも地方選挙でも、この巨大な組織票の行方で勝敗が決する。公明党・創価学会との関係を重視する我が党にとっては注目のニュースが多い」

 特に7月の東京都議会選挙では、公明党が自民党との協力を解消し、国政にも影響すると見られている。国会では「一強」を築く自民党にとって“800万票”を動かす聖教新聞の論調は気になるようだ。

 政界への影響だけではない。たとえば昨年11月5日、聖教新聞は〈「三代会長」の敬称を「先生」と明記〉と1面トップで報じた。前日に開かれた第72回総務会で議決された「創価学会会則」の改訂内容で、池田大作・名誉会長の敬称を「会長」から「先生」に変更したというもので、「創価学会がこれまで進めてきた『ポスト池田体制』確立に向けた動きが加速していることを示している」(宗教学者の島田裕巳氏)と宗教界に波紋を呼び、本誌も大きく取り上げた(2016年11月25日号)。

 赤旗と聖教新聞の2紙とも、読者の多くは信者や党員・党支持者のため、熱心に読みこまれるのが特徴だ。だからこそ記事が持つ影響力は時に全国紙を上回り、世間を動かしている。

※週刊ポスト2017年5月5・12日号

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン