国内

ホストクラブは「捨ててもいい金ない人にはわからない遊び」

坂口杏里や山辺節子容疑者もハマったホストクラブ

 女性セブンの名物アラカン記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中のおかしな出来事に疑問を投げかける! 今回のテーマはホストクラブだ。

 * * *
 親しいホストを脅して3万円を騙し取ろうとして逮捕されたタレントの坂口杏里。“つなぎ融資の女王”こと、山辺節子容疑者もホストクラブで、シャンパンを並べている写真が出回っている。

 少し前には、「週1、2回通って1晩で900万円を使った」と語っていたタレントで女医の脇坂英理子も詐欺罪で逮捕されたっけ。

 女の犯罪の後ろにホストあり? 女の豪遊といったらホストクラブ? ああもう、書いているだけで血圧が上がりそうだよ。

◆髪はざんばら 目はうつろなやさぐれホスト

 暗い店内で、斜め座りした男たちがすることといったら、たばこの火の早づけ競争と、水割り作りだけ。いたたまれずトイレに入れば、いやもう目を疑ったね。堂々と“ホストの誓い十か条”が張ってあるんだもの。

「客には惚れず、惚れられなければならない」だの、「どれだけ売り上げに貢献する客か、見極めなければならない」って、あのね!

 昭和のホストクラブの話だけど、そんな男らとは、二度と会うことはないと思っていた。なのに、バブルの絶頂期、歌舞伎町に仕事部屋をもったら、昼間、近所のスーパーで気の抜けたホストと顔を合わせるようになったんだわ。髪はざんばら、目はうつろ。そのやさぐれっぷりに目をそむけたもんね。

◆捨ててもいいお金がない人にはわからない遊び

「それは昔の話よ。今のホストはものすごくきれいで、見たらビックリするよ。私がお金を出すから行こうよ」

 株で儲けた知人に誘われ、有名店へ行きましたとも。

「いらっしゃいませ~」

 席に着くなりやってきたのは、武闘派の元ヤン風。次がアイドル未満顔で、その次がニコニコ調整型の元ヤン風。

 もらったキラキラ名刺を見ると、取締役、部長、課長、主任って、なぜ会社ごっこ? さらに、すかした歩き方も、グラスを斜めにして目をじっと見て乾杯する仕草もみんな同じって、もう、どうしよう。

 隣の席では「お前がバックレたんだろうよ」とホストはため口。若くもない客はぷっとふくれながら、うれしそう。

「できるホストは、常連客をお金を運んでくる“しもべ”にする」と聞いていたけど、これか。

 で、私は新人ホスト相手に、「いい若い者が汗も流さないで×※◇▽○。実家はどこ? 母ちゃん、泣いてない?」とつい本気のお説教をしそうになっては寸止め。

 これでお会計は30万円。わずか2時間ナリ。

「こんな大金払って、何が面白いの?」と全額ポンと払った知人に聞くと、「まずホストの売り上げ順位争いがあって、客の私たちはそれにのって、ホストの愛情の取り合いをしてるのよ。あ、捨ててもいいお金がない人には、わかんない遊びかも」だって。

 その知人も、やがてはホスト相手に「金返せ」の大げんかをしていたっけ。面白くもなく、やがて哀しきホストクラブになぜ行く?

※女性セブン2017年5月11・18日号

関連記事

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン