• TOP
  • ビジネス
  • フジ新社長「慶應OB会のために入社式の日程変更疑惑」の真相

ビジネス

2017.05.23 16:00  週刊ポスト

フジ新社長「慶應OB会のために入社式の日程変更疑惑」の真相

「BSフジの新入社員の2人だけ、4月1日に入社式をやったんです。土曜日だったので、入社式に出席する役員には“休日出勤でお気の毒”という声も上がっていた。入社式の翌日からフジテレビのグループ全体で1泊2日の研修に行くため、通常は日にちがずれることはない。実際、ニッポン放送もフジと同じ4月3日に入社式をしています」

 なぜBSフジだけ日程がズレたのだろうか。

「実は宮内社長が“その日は母校の慶応大学のOB会だから日にちをずらしたい”と言い出して別の日になったというんです。宮内社長は慶応法学部出身であることを誇りに思っていますから」(同前)

 確かにフジテレビの入社式が行なわれた4月3日は、宮内氏の母校である慶応大学の入学式で「卒業50年塾員招待会」が行なわれていた。BSフジ広報部は、宮内社長がその会に参加したことは「把握している」とするも、

「入社式の日程とは何の関係もありません。入社式の日程は今年の1月には決まっておりました」

 と説明した。

※週刊ポスト2017年6月2日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス