国内

最新国内記事のRSS

眞子さま婚約者・小室圭さんに母は、“バイオリンの天才”

2017.05.28 07:00

「1630年頃、元号でいうと寛永の時代に、小室家の祖先がこのあたりで暮らし始めたそうです。敏勝さんのお父さん、つまり圭くんの父方のおじいさんもこの地で生まれ育ちました。代々農家を営む家系で結構広い土地をもっていましたが、おじいさんは長男でなかったこともあって、藤沢市内にあるネジや金属製品を作る鉄工所で働いていました。敏勝さんも、長く藤沢に住んでいたはずですよ」(近所住民)

 ちなみに、祖父の兄弟の孫、つまり小室さんのはとこにあたる女性は、小室さんより一足早く『湘南江の島 海の女王』に選ばれた経験があるという。

 佳代さんの実家もまた、ごく普通の一般家庭だった。その中にあって、バイオリンのエリート教育を受ける小室さんの人生が一変するできごとが起きる。

「圭さんが10才のころ、敏勝さんが亡くなったんです。なんの前触れもない、急な別れだったと聞いています。敏勝さんの死からあまり時間が経たないうちに、祖父母も亡くなったみたいです」(前出・近隣住民)

 父を失った悲しみは、小室さんを強くした。

「母さんのことは、ずっとぼくが守るから」

 小室さんは、そんな決意を口にするようになった。

「お父さんが亡くなってしばらくしてバイオリンはやめてしまったんですが、新たに“海外で活躍する”という夢ができたみたいで、佳代さんは圭さんを後押しするように東京・品川区内にあるインターナショナルスクールに入学させました。カナダ国内で行われている教育カリキュラムに沿った授業が行われる学校で、年間の授業料は200万円以上。佳代さんは必死に働いて学費を捻出したそうです。都内のケーキ屋さんで働き始めたのもその頃でした」(小室家の知人)

 同スクールで中高6年間を過ごした小室さんはICUに進学。在学中にはアメリカ・ロサンゼルスへの留学も経験した。

「しっかりとした仕事に就いてお母さんに楽をさせたいという思いがあったからか、テレビ朝日が運営するアナウンサースクールに通っていたこともあります。海の王子の仕事で地元のテレビ局やラジオ局に行った経験が、アナウンサー志望になった理由かもしれないですね」(小室さんの知人)

 そして2012年6月、運命の出会いが訪れる。渋谷区内の飲食店で行われた留学に関する「意見交換会」で眞子さまと知り合い意気投合。翌月にはふたりきりでデートに行き、ほどなく交際に発展した。出会いから1年後には、小室さんがプロポーズ。眞子さまのイギリス留学という2度の超遠距離恋愛を乗り越えて、5年愛は結実のときを迎えた。

※女性セブン2017年6月8日号

「1630年頃、元号でいうと寛永の時代に、小室家の祖先がこのあたりで暮らし始めたそうです。敏勝さんのお父さん、つまり圭くんの父方のおじいさんもこの地で生まれ育ちました。代々農家を営む家系で結構広い土地をもっていましたが、おじいさんは長男でなかったこともあって、藤沢市内にあるネジや金属製品を作る鉄工所で働いていました。敏勝さんも、長く藤沢に住んでいたはずですよ」(近所住民)

 ちなみに、祖父の兄弟の孫、つまり小室さんのはとこにあたる女性は、小室さんより一足早く『湘南江の島 海の女王』に選ばれた経験があるという。

 佳代さんの実家もまた、ごく普通の一般家庭だった。その中にあって、バイオリンのエリート教育を受ける小室さんの人生が一変するできごとが起きる。

「圭さんが10才のころ、敏勝さんが亡くなったんです。なんの前触れもない、急な別れだったと聞いています。敏勝さんの死からあまり時間が経たないうちに、祖父母も亡くなったみたいです」(前出・近隣住民)

 父を失った悲しみは、小室さんを強くした。

「母さんのことは、ずっとぼくが守るから」

 小室さんは、そんな決意を口にするようになった。

「お父さんが亡くなってしばらくしてバイオリンはやめてしまったんですが、新たに“海外で活躍する”という夢ができたみたいで、佳代さんは圭さんを後押しするように東京・品川区内にあるインターナショナルスクールに入学させました。カナダ国内で行われている教育カリキュラムに沿った授業が行われる学校で、年間の授業料は200万円以上。佳代さんは必死に働いて学費を捻出したそうです。都内のケーキ屋さんで働き始めたのもその頃でした」(小室家の知人)

 同スクールで中高6年間を過ごした小室さんはICUに進学。在学中にはアメリカ・ロサンゼルスへの留学も経験した。

「しっかりとした仕事に就いてお母さんに楽をさせたいという思いがあったからか、テレビ朝日が運営するアナウンサースクールに通っていたこともあります。海の王子の仕事で地元のテレビ局やラジオ局に行った経験が、アナウンサー志望になった理由かもしれないですね」(小室さんの知人)

 そして2012年6月、運命の出会いが訪れる。渋谷区内の飲食店で行われた留学に関する「意見交換会」で眞子さまと知り合い意気投合。翌月にはふたりきりでデートに行き、ほどなく交際に発展した。出会いから1年後には、小室さんがプロポーズ。眞子さまのイギリス留学という2度の超遠距離恋愛を乗り越えて、5年愛は結実のときを迎えた。

※女性セブン2017年6月8日号

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP