芸能

福士蒼汰が仕事、大阪弁、家族、やめられないことを語る

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』主演の福士蒼汰

 主演映画『ちょっと今から仕事やめてくる』が5月27日より公開した福士蒼汰(23才)。同作では、ブラック企業で働く青山(工藤阿須加)の幼なじみを名乗るヤマモトを演じる。

 5月30日に24才を迎える福士クン。多忙な仕事の合間、都内のホテルの一室でちょっと一息しながら、自分のことや家族のことをじっくり語ってくれました。

◆仕事

「仕事で大切にしていることは、あいさつ! 時には100人近くいる場合もあるけれど、現場ではスタッフさん1人1人の顔を見て、「おはようございます」「お疲れ様です」と言いたいんです。バヌアツ共和国のロケ撮影では、毎晩、スタッフさん全員といっしょに食事に行ってました。毎日、違うレストランを探して(笑い)。最終日、クランクアップ後には、監督と工藤(阿須加)さんと3人で馬に乗りに行ったことも思い出です!」

◆大阪弁

「初めて大阪弁の役に挑戦しました。“朝ドラ”の『あまちゃん』(2013年)で久慈(岩手県)の方言を話したとき以上に、大阪弁は難しかったです。でも、英語もそうですが語学を勉強するのは好きなので、楽しんでできました! 方言指導のかたが大阪の芸人さんで、言葉はもちろん関西人のノリやツッコミ、ボケも教えてくださったんです。普段の自分はヤマモトのように明るくはないので(笑い)、芸人さんの指導のおかげで、言葉も心も関西人に近づけた気がします」

◆家族

「ヤマモトは家族との過去の出来事をエネルギーにして、生きているんです。自分も、今までは家族に守られてきたけど、最近は自分が守りたいと思うようになりました。今の家族のような家庭を将来築きたいです。実は20才の誕生日に、昔、家族で訪れたレストランに行って、そこで3才頃に撮った家族写真を再現して記念写真を撮ったんです。3才の時には親に抱っこされてたので、それを再現するのはさすがに無理でした(笑い)」

 最後に、映画のタイトルにかけて、「やめたくても、やめられないものは?」と聞くと…

「爪を切ること。すぐ切っちゃう(笑い)」。

撮影■marron

※女性セブン2017年6月8日号

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン