• TOP
  • スポーツ
  • 江川卓に投げ勝った元甲子園投手 早実清宮の試合の多さ懸念

スポーツ

2017.05.31 16:00  週刊ポスト

江川卓に投げ勝った元甲子園投手 早実清宮の試合の多さ懸念

「最後の夏」を迎える清宮幸太郎(写真:時事通信フォト)

 実力だけでなくフィーバーぶりも超高校級の早稲田実業・清宮幸太郎(18)。その早実は7月8日に開幕する夏の甲子園・西東京予選まで残り1か月となっても試合が続く。

 6月3日は愛知県の刈谷球場で中京大中京と桜丘、翌4日は小牧市民球場で至学館、享栄と対戦する。いずれも昨秋の愛知県大会でベスト4以上に残った強豪チームだ。

「中京大中京には今秋のドラフト候補であるエース・香村篤史がいる。清宮は昨年の練習試合で抑え込まれましたから、成長を測る上でも重要な一戦になるでしょう。至学館には変則左腕・川口龍一がいる。左のプルヒッターである清宮が最も苦手にするタイプです」(清宮の取材を続けるスポーツ紙記者)

 6月10、11日は早実の王貞治記念グラウンドに強豪3校を招く。10日は長野県の強豪・佐久長聖と対戦。翌11日には九州学院(熊本)と桐光学園(神奈川)とのダブルヘッダーが予定されている。

関連記事

トピックス