国内

2015年の「安倍談話」は「言論のパッチワーク化」の象徴

片山杜秀氏(左)と佐藤優氏が「平成史」について対談

 歴史認識を巡って近隣諸国との諍いが絶えない。だが、それは今日に始まったことではない。昭和天皇の崩御を契機に、戦後日本の宿題が顕在化し始めた。同時期、国内政治では、55年体制の終焉という大きな節目を迎えている。田中角栄氏が亡くなり、55年体制が終焉した平成4~5年について、作家・佐藤優氏と慶應義塾大学法学部教授で思想史研究家の片山杜秀氏が語り合う。

片山:平成に入り、戦後日本が長らく抱えてきた問題が顕在化してきました。沖縄の基地問題や韓国の従軍慰安婦問題がそうです。そして今も、それは我々が向き合わねばならない課題として突き付けられている。

佐藤:韓国の大統領選で日韓合意の見直しを主張する文在寅氏が当選しました。そもそも日本政府が慰安婦問題で軍の関与を認めたのが平成4年のこと。翌年の河野談話で謝罪した。現在、保守派から問題視されている河野談話ですが、実は日本政府の一貫したスタンスを示しているに過ぎません。それは、関与はしたが補償はしないというものです。

片山:2015年の日韓合意で、戦後の日韓外交の積み重ねをすべてひっくり返してしまいましたけどね。

佐藤:そう。自社さ連立政権の村山内閣はアジア女性基金が集めた募金を元慰安婦に届けるという形をとった。でも日韓合意で拠出した元慰安婦支援の10億円は税金。これは日本の国家責任と補償を事実上認めたことを意味する。とすると次に韓国は徴用工問題を出してくるはずです。我々、外交に携わった人間からすると日韓合意は驚くべき政治決断ですよ。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン