芸能

邦画の質低下 女優の体当たり演技減少が重大な要因か

かつての日本映画では女優たちが体当たり演技をしていた(黒木瞳)

 黒木瞳、夏目雅子、松坂慶子、名取裕子、十朱幸代……かつて銀幕を彩った女優たちは、みな体当たりの濡れ場に挑戦してきた。しかし最近の日本映画では、後世に語り継がれるようなな濡れ場を演じる女優は少ない。なぜ“濡れ場”は減ってしまったのか?

 大島渚監督の名作『愛のコリーダ』(1976年)無修正版の生々しい性描写を誌上再現した6月23日号の特集には、読者から大きな反響があった。ヘアも解禁されていなかった時代に“性表現の限界”に真正面から挑んだ大島監督はもちろん、日本初の「本番撮影」に臨んだ藤竜也と松岡暎子には感服するほかない。とりわけ自らの秘部への男根の“抜き差し”まで露わにした松岡の女優魂は、時代を超えても決して色あせることはないだろう。

 体当たりで濡れ場を演じていたのは、彼女だけではない。過去には人気絶頂の有名女優も、若手の清純派女優も、そしてすでに地位を確立していた大女優でさえも、作品をより高めるために一肌脱いでいた。映画評論家の秋本鉄次氏はこう語る。

「現在の大物女優たちは、若い頃、濡れ場を厭わなかった。20~40年前までは、高名な監督の作品に出演するなら“脱ぐのは覚悟の上”というのが当たり前の時代だった。名監督に請われて脱がされるのは女優としてむしろ誇らしいことでした。

 信頼する監督のもとですべてをさらけ出し、男女の抜き差しならない関係や情念、命をかけたギリギリの衝動を表現するために、全身全霊をかけてセックスシーンを演じる。そうやって女優は成長していったのです」

 だが、近年、有名女優が銀幕に肌を晒す機会はほとんど見かけなくなってしまった。その背景には何があるのか。前出・秋本氏が続ける。

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン